news
  • トレック本社訪問:3日目
    2015.2.19

    今日はあっという間だったマディソンに名残惜しく

    一路シカゴへ。

     

    HP01

     

    シカゴ周辺のトレックディーラー見学に行ってきました。

    広大な敷地にドーンと構える規模もさることながら

    同じトレックストアでも、それぞれに個性があり

    店の理念、すばらしい活動やアイディア、逆にウイークポイントなどがあり

     

    HP02

    HP04 HP03 HP05 HP14

    HP06 HP07 HP08 HP09

    HP11 HP13 HP12 HP10

     

    「モノ」ではなく「コト」売りによって

    お客様に「楽しさ」を提案するクローバーバイシクルも

    よりいっそう楽しんでいただけるショップ作りへのヒントを

    たくさん頂けた貴重な体験でした。

     

    ディナーは「ハリー・ケリーズ」にいきました。

     

    HP17

    HP26 HP16 HP25 HP18

    HP23 HP22 HP20 HP24

     

    シカゴ・カブスの名物アナウンサー、故ハリー・ケリー氏がオーナーだった店で

    来店した著名人写真やベースボールアイテムがぎっしり展示。

    よくみるとマイケル・ジョーダンやビル・クリントンの写真まで

    カブスファンが集う併設のバーも隣にあり

    ベースボールファンであれば間違いなく幸せなになれる場所で

    ディナーを楽しみました。

     

    この時、シカゴの気温はマイナス20度!!

     

    HP29

    HP28 HP31 HP33 HP32

    HP34 HP35 HP36 HP37

     

    しかも風が強く体感温度はさらに下回り

    寒いを通り越し、痛いの表現が正解ではありましたが

    観光無しで朝から日本へとんぼ返り、パンパンのお腹も消費すべく

    フル防寒装備で、夜のシカゴを2時間ほど絢子さんとお散歩。

    最終日の夜を満喫しました。

     

     

     

     

     

     

     

     

  • トレック本社訪問:2日目
    2015.2.18

    いよいよトレックファクトリーへ!!

     

    hp01

    hp12 hp02 hp03 hp04

    hp05 hp07 hp06 hp21

    hp20 hp08 hp09 hp11

    hp13 hp15 hp14 hp19

     

    社内の広大なロビーには

    最新のエモンダはもちろん

    1976年に創業した当時の一台からはじまり

    1987年トレックがはじめて世に送り出したカーボンロードフレーム「2300」

    1990年カーボンを使用したマウンテンバイク「8900」

    1992年、宇宙航空産業の厳格な基準を上回る精度のフレームを作り出す

    革新的なカーボン製法OCLVをつかった伝説となるフルサスバイク「Yバイク」

    そして、ブエルタ・ア・エスパーニャを制した

    クリス・ホーナーのマドンなど世界の第一線で戦ったバイクなどが展示され

    トレックヒストリーの数々を一度に楽します。

     

    hp26

     

    私は、数年前にトレックスタッフとして来たことはありました。

    驚くべきことに、開発プロセスから生産工程にいたる

    多くのプロセスが最新装備へと一新してました。

     

    残念ながら工場内が撮影禁止でしたので

    ここから写真はお見せできません・・・

     

    プロトモデル制作に本来使用されていたCNCによる削り出しに加え

    現在トレックではアメリカで数台しか無い大型3Dプリンターを2機導入。

    高価な外注にくらべ、検証時間の短縮、情報のブラックボックス化によりより多くのテストが可能で

    作業性をあげるため、さらにもう1台導入予定だそうです。

     

    分析も最新技術を導入しています。

    空気抵抗を計算するCFD(数値流体力学)は最新バージョンを常に取り入れ

    より多くのプロトタイプを短時間で模索。

    最終候補を風洞テストで実際に検証するエアロダイナミクス技術は

    昨年イエンス・ホイクトが樹立したアワーレコードにおいても大きく貢献しています。

     

    そして、力のかかり具合や強度を計算するFEAは机上のデータだけだはなく

    実走行のデータを50個にもおよぶ歪みセンサーから取り込むことで

    より精度の高い分析を可能とし、金属パーツだけでなくヘルメットや

    カーボンの積層プログラムにも大きく貢献。

    さらに高速カメラを導入した分析など、

    とどまるところのないトレックの技術力の高さには驚きがいっぱいでした。

     

    hp17

     

    OCLVカーボンの生みの親、ジム・コールグローブさんから直接解説を受け

    プロジェクトワンの生産ラインも見学。

    カーボン素材、レイアップ方法、接着、加工、そしてカスタムペイント。

    手作業で塗っていた塗装に加え、自動車工場にあるような塗装ロボットも新たに導入。

    アッセンブルラインも建設中で、世界中からの多くのカスタムオーダーに対し

    長期間お待ちいただくこと無く、高品質を安定して生産できるシステムへと

    どんどん進化してました。

     

     

    その生産工程はこちらの動画で

    皆さんもご体感ください!!

     

    hp31

    hp28 hp29 hp30 hp27

     

    その日のディナーはトレックのジョン・バーグ社長宅にお招きいただきました。

    マディソンの地ビールどれも最高!!

    自宅に卓球台があり、その腕前はなかなかなものでした。

     

    さて3日目は、アメリカのディーラーさん巡りです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • トレック本社訪問:初日
    2015.2.17

    トレック本社訪問のため

    アメリカ、ウイスコンシン州のマディソンへ。

    初日は15時間におよぶ移動日ではありましたが

    トレックが所有するゴージャスなホテル&一番いい部屋に興奮。

     

    ディナーでは日付変更線をまたいで

    人生初の33時間に及ぶ誕生日を迎えた絢子さんのバースデーをみんなで祝ってもらい

    夜のマディソンを満喫!!

     

    明日の本社訪問が楽しみです。

     

    hp28

    hp02 hp03 hp04  hp05

    hp06 hp12 hp11 hp09

    hp07 hp08 hp13 hp14

    hp15 hp16 hp17 hp18

    hp20 hp21 hp23 hp25

    hp27 hp28 hp29 hp30

  • みんな走ればさらに楽しいモーニングライド
    2015.2.15

    毎週恒例のモーニングライド。

    一人でも走れますが、みんなで走れば倍ライドが楽しめますよ。

    今回、ホイールグレードアップされたお客様

    めちゃキレがありましたねー。

    カーボンホイール恐るべしです。

     

    hp06

    hp01  hp02  hp04  hp05

    hp07  hp09  hp10  hp11

     

    毎週日曜日、8:30ショップ前集合で

    60〜70km程のモーニングライドおこなってます。

    ロードバイクでの参加ならどなたでもOK!!

    ぜひご参加ください。

  • バレンタイン楽ワクライド
    2015.2.14

    いきなり本格ライドは自信が無い

    そんな方は楽ワクライドからはじめましょう!!

     

    肌寒い朝でしたが

    太陽をいっぱいに浴びてのライドはポカポカで気持ちいいですね。

    本日はバレンタインデー。

    お客さんから手作りチョコの差し入れ、美味しかったです!!

     

    hp15

    hp01 hp02 hp04

    hp05 hp06 hp08

    hp09 hp12 hp11

    hp10 hp13 hp14

    ライドイベントに参加してみたいが

    初心者で自信が・・・

    ゆったり楽しみたい!!

    そんな方は初心者ライドから初めてみませんか。

    ライドのご褒美においしいパンでブレイクタイム!!

    ぜひご参加ください。

     

    楽ワクRide (ロード、クロスバイク)

    ■ 2月開催日   28日(土)  

    ■ 開催時間 AM8:30~AM11:00 ストア前にて集合

    ■ 参加資格 クローバーメンバー(当店でバイクご購入のお客様)、クローバーメンバーご紹介者

    ■ 参加車両 ロードバイクはもちろん、クロスバイクでもご参加頂けます。

    ■ 走行レベル 25km〜35kmの距離を1.5時間ほどかけてのゆっくり走行

    ■ お申込 店頭または、お電話、メールにてお申し込みください。

     

    ※当日の降水確率が50%以上の場合中止致します。

     

  • ROTOR Q-RINGS お試しキャンペーン 2/28まで
    2015.2.13

    ぺダリング効率をアップする楕円リングROTOR Q-RINGS

    「真円チェーンリングに比べ、乳酸の発生を9%抑え出力が4%向上する」

    つまりぺダリング効率を上げることで

    疲れず速く走れるメリットが楕円チェーンリングにはあるのです。

     

    fb2

     

    クランクアームを時計の針位置で表現した場合

    12時の位置から踏み込むと大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングの順に作用しはじめ

    上記写真の4時の時点で、人間の筋肉郡が効果的に作用し最大パワーとなり

    この位置でチェーンリングが最大の大きさとなることでしっかり踏み込めます。

    逆に力の入りにくい上死点、下死点周辺のギアは軽くなり、スッと回る

    楕円形状に設定されているのです。

     

    fb3

     

    もちろんチェーンリングのみの交換も可能です。

    各PCDが展開され、シマノの4アーム用チェーンリングにも対応出来ます。

     

     

    先日行われたロードレース、 チャレンジマヨルカ第2戦にて

    スティーブ・クミングス(イギリス、MTNキュベカ)が

    アレハンドロ·バルベルデ(スペイン、モビスター)を抑えて勝利しました。

     

    image005

    image007

     

    スティーブ・クミングスもまた、Q-RINGSを使用する一人。

    Q-RINGSの実力が証明された一戦でしたね。

     

    fb1

     

    良いことだらけの楕円チェーンリングですが

    ぱっと向上する魔法のチェーンリングではありません。

    踏込みやすい位置とはいえ、53Tの場合最大ギアは55.65Tになっているわけで

    私の経験から言うと、今まで真円チェーンリングでペダリングしてきた脚質では

    試乗で1〜2週間乗っただけでは正直答えが出ません。

     

    使い始めは、上死点、下死点でペダリング速度が落ちずケイデンスがグッと上がり

    重いギアもガンガン踏めてしまいます。

    これは楕円ギアのペダリングが分かっていないオーバーペースの状態であり

    すぐ「疲れ」がやってきて当然です。

     

    この「疲れ」が最大のポイント。

    今まで真円チェーンリングでは簡単に引き出せなかったペダリングでの「疲れ」なのです。

    2ヶ月ほどしっかり乗り込み、楕円ギアを最大に活かせる脚質、ギア選択、ハイケイデンスへと

    肉体改造を行えば、楕円チェーンリングを活かした気持ちいいライドが楽しめます。

     

    top

     

    現在、ROTOR ではQ-RINGS を試せるキャンペーンを世界規模で行っており

    クローバーバイシクルもそのキャンペーン参加店舗です。

    2/28までにお求めいただいたQ-RINGSを60日間じっくり乗り込んでいただき

    それでも気に入らなければ返品できるキャンペーンです。

    ※取付、取外工賃はお客様ご負担となります

     

    気になっているあなた。

    この機会に試してみてはいかがでしょうか!!

     

     

     

     

  • 本日は祝日営業日です
    2015.2.11

    今日はポカポカ陽気の気持ちいい朝ですね。

    本日は祝日。クローバーバイシクルは営業しております。

    お気軽にお立ち寄りください!!

     

    hp1

  • 「唯一無二の実力」EASTONホイール
    2015.2.10

    革新的な構造とそのポテンシャルに着目。

    EASTON(イーストン)ホイールの取扱をはじめました。

     

    hp01

    EASTON EC90 AERO55 Tubular

    平均重量:1,330g(前後セット)

    税込価格:¥135,000(フロント) ¥155,000(リア)

     

     

    hp04

    EASTON EA90 SLX TL

    平均重量:1,400g(前後セット)

    税込価格:¥64,000(フロント)¥86,000(リア)

     

     

    このホイールの特徴は唯一無二な構造により

    他を圧倒する、スムーズな回転とホイール剛性、そして最新の空力性能を実現。

    その構造をご紹介します。

     

    hp14

     

    EASTONが3年の歳月をかけて開発した「ECHO(エコー)」ハブは

    外見からもわかる、ハイロー&ナローフランジで左右のスポークテンション差を極力減らし

    ストレートスポークで超ハイテンションで組み上げることでダイレクト感ある走りを高めています。

    しかし、本当の実力はこれだけでなく革新的な内部構造にあります。

     

    hp10

     

    フリーボディーを引き抜くと

    バラしたことのある方は一目瞭然!!

     

    一般的にハブボディーとアクスルシャフトを支持する左右のベアリング幅は

    メーカーによって多少変わるもの約55mm〜65mm程度のモデルが多い。

    ECHOハブのドライブ側のベアリングは大きく飛び出してフリーボディー内部へ配置され

    左右のベアリング幅を今まで類を見ない95mmへと拡大。

    幅が広がることで、剛性が大幅に向上すると共に回転精度も向上。

    実際ライドで、振動や体重がかかった状態においても滑らかなで回転を実現。

    伸びのある走りは、走る愉しさも加速させます。

     

    ラチェット方式も一新。

    フリーボディーのサイズを越える大型の歯車を採用しノッチ数を増やしたことで

    力強いペダリングに瞬時に応える気持ちいい加速と

    気分高まる細かいラチェットサウンドで応えてくれます。

     

    hp12 hp11

     

    ペダリングによって高負荷がかかるのフリーボディー側も見てみましょう。

    一般的なフリーボディーのベアリングはフリーボディー内部に狭い間隔で配置されていますが

    ECHOハブのフリーボディーベアリングは最大幅に配置され

    さらにハブ側は大径サイズの高剛性なベアリングを採用。

    ハブボディーと強力にジョイントされており、この構造も剛性&伝達効率アップに貢献。

    パワーを回転へ、そしてに走りへと変えてくれる重要なパーツです。

     

    hp03

     

    風洞実験により、エアロダイナミクスを徹底研究した結果生まれた

    カーボンリム「FANTOM(ファントム)」は、28mm 幅の超ワイドリムを採用。

    タイヤを含めたリムまわりの断面形状をより理想的な翼形にすることで

    斜めからの風によって発生する揚力を最大限に活かし、空気抵抗を大幅に軽減。

    30km/hから心躍る伸びのある高速巡航が楽しめます。

     

    また超ワイドリムはホイールの剛性アップにも貢献し

    グリップ感の高いコーナリングやキレのあるハンドリングにより

    意のままに操れる走りも堪能できます。

     

    唯一無二の実力を持つEASTONホイールの試乗ホイールを用意しております。

    EASTON EC90 SL Tubular (入荷次第)

    EASTON EC90 AERO55 Tubular

    EASTON EA90 SLX TL

    あなたもその実力をぜひご体感ください。

     

    HP10

     

    なお、クローバーバイシクルでホイールご購入のお客様には

    クローバーホイールケアプログラムとして

    ・3ヶ月ごとの点検

    ・振れ取り調整工賃

    ・ベアリング交換工賃

    ・納品時のホイールバランス調整

    ・タイヤ交換によるホイールバランス再調整(当店タイヤ購入のみ)

    を永年無料でサポートいたします。

     

    愛車でもっと速く、より遠くへ!!

    ホイールグレードアップで

    ライドをより楽しみましょう。

     

     

     

     

     

     

     

  • 腹が減ってはライドは出来ぬ。エナジーバー「ボンクブレーカー」
    2015.2.9

    アメリカから来た、味と食べやすさにこだわった

    エナジーバー・Bonk Breaker(ボンクブレーカー)4フレーバーが入荷しました。

     

    hp1

    hp2 hp3 hp4 hp5

    Bonk Breaker

    ・ピーナッツバター&チョコレート ¥389

    ・ピーナッツバター&バナナ ¥389

    ・アーモンドバター&ハニー ¥389

    ・クッキー&クリーム プロテイン  ¥411

     

    トライアスロンを始めたボンクブレーカーの創業者Jason Winnが

    既存製品の味に満足いかないため自分で作ってしまったのが始まり。

    素材を生かしたテイストと、硬すぎず柔らかすぎず、口に入れてもぱさつき過ぎず絶妙な食感です。

    また自転車にて走っている最中でも開けやすいように、あえて大きめにパッケージを作り

    簡単に開けてそのまま食べられるようにデザインされてます。

    腹が減ってはライドは出来ぬ。ぜひお試し下さい!!

     

     

  • 「スタイル、収納、装着」3拍子そろうシートポストバック
    2015.2.8

    ドイツメーカーであるリクセンカウルからリリースされている

    インテグラシートポストバッグが入荷しました。

     

    HP1

     

    すっきりスリムなエアロ形状で、サイズを問わずカッコいいデザイン。

    アクセスの良い2ジッパーの開口形状により

    Lサイズ(1l)はチューブラタイヤに加えミニポンプやCO2ボンベ、ツールなどもキレイに収納可能。

    クリンチャーユーザーには、使い勝手の良いMサイズ(0.6l)や

    毎日の通勤やトレーニングなど雨天時の使用にも対応する

    防水素材&止水ジッパーを採用したインテグラウォータープルーフもあります。

     

    HP2 HP8 HP6 HP5

    HP3 HP7 HP4 HP9

     

    いずれもクアッドミニブロックアダプターを使用し

    サドルの形状に影響すること無くシートポストにワンタッチ装着!

    EURO BIKE AWARD を受賞した逸品です。

     

    その質感も高い仕上がりをクローバーバイシクルでお確かめください。

     

     

    RIXEN & KAUL

    インテグラシートポストバッグ

     

    Sサイズ (0.4L)  /  ¥7,344 (税込)

    Mサイズ (0.6L)  /  ¥7,884 (税込)

    Lサイズ (1.0L)  /  ¥8,640 (税込)

    ウォータープルーフ (0.5L)  /  ¥8,424 (税込)

     

     

     

  • 1 95 96 97 98 99 100 101 102 103 111