2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
news
  • 気軽にバーチャルライドを楽しもう
    2019.10.12

    気持ちいい秋の3連休ですが、台風きちゃいましたね。

    雨天、気温、時間、にとらわれる事なく自分のペースで楽しめるのがインドアトレーナー。

     

     

     

    しかし、ただの負荷だけでは10分で飽きますし

    スポーツジムでは、ロードバイクとは全く違うポジションが不満だったりします。

    そこで室内でサイクリングをを楽しめるオンラインゲーム、ZWIFT(ズイフト)を導入すると

    これが驚くほどハマります。ズイフトの魅力はそのリアリティー感。

    センサーとの連動によって負荷を自動的に変えてくれるというシステムですが

    勾配、空気抵抗、などの負荷が反映され、実走感さながらのライドが出来ちゃうのが特徴。

    オンラインでグループイベント、レース参加なども可能で、実際のイベントが雨天中止になっても

    自宅にいながら仲間とバーチャルサイクリングできちゃうのが魅力なんです。

     

    左:ELITE  SUITO(スイート) / ¥104,280 (税込)

    必須アイテム トレーニングマット ¥11,440(税込)をプレゼント

    自動負荷 最大再現勾配15% 双方向通信 抵抗ユニット出力換算(誤差±2.5%)

     

    中:ELITE  DIRETO X (ディレートX)/ ¥112,400 (税込)

    必須アイテム トレーニングマット + 汗受パット= 計¥15,620(税込)をプレゼント

    自動負荷 最大再現勾配18% 双方向通信 光学式パワーメーター(誤差±1.5%)

     

    右:ELITE  DIRETO (ディレート)/ ¥115,940 (税込)  → ¥98,549(15%off 税込)

    自動負荷 最大再現勾配14% 双方向通信 光学式パワーメーター(誤差±2%)

     

    ZWIFT(ズイフト)が面白いのはリアルだから。

    そのリアルをしっかり再現できるスマートトレーナーがオススメで

    中でもクローバーバイシクルがイチオシは

    熱に強い光学式の高精度パワーメーターと静かで強力な自動負荷を誇る

    ELITE (エリート)製の新型フルスペックトレーナー「DIRETO X」

    ZWIFT(ズイフト)をよりリアルに、そして楽しくエクササイズが楽しめます。

     

    クローバーバイシクルでは、ZWIFT(ズイフト)体験できます。

    まずは、あなたの愛車をスマートトレーナー装着してお楽しみください。

    ご来店お待ちしています。

     

    柴谷

  • 限定キッズモデル「Roscoe 24」日本発上陸
    2019.9.28

    アメリカで展開しているキッズ用マウンテンバイク

    「Roscoe 24 (24インチ)/ 55,000円(税別)」が限定で日本発上陸!!

     

    ワイドタイヤを装着したRoscoe (ロスコ)の

    大迫力かつ走破性に優れたのタイヤに加え、前後ディスクブレーキを採用。

    お子さんの思い出に残る自慢の一台になる事間違いなしの一台。

    お子様と一緒にトレイルライドなんていかがでしょうか?

     

       

    Roscoe 24 / 55,000円(税別)

    カラー:Roarange(オレンジ)

    サイズ:24インチタイヤ

    適応身長:130~150cm

     

     

    トレックの日本サイトにも載ってないレアな限定品。

    メーカー在庫は無く、クローバーバイシクルに在庫「残り2台」となりました。

    「欲しい!!」っと思った方、お急ぎください。

     

    柴谷

  • 走りと楽しさに磨きを かけよう
    2019.9.28

    もっと意のままにバイクを操りたい。

    より毎日を楽しく駆け抜けたい。

     

    ロードバイクに乗れば、そのスピードに心が高まり誰もがそう感じるものです。

    愛車の性能を高め、走りに磨きをかけるのに効果的なのがホイールのグレードアップ。

    ホイールを変えれば風貌も一新。気づけばずっと眺めてしまう愛車に変えてくれます。

     

     

    やはりトレックにはボントレガーホイールがよく似合います。

    風の神「Aeolus」の名を持つ Pro 3なら、剛性、軽さ、空力性能、さらにコストパフォーマンスまで

    最高のバランスを発揮する、フルカーボンのTLRリムブレーキホイール。

     

    ペダルをひと踏みした瞬間から感じる、軽量ホイールならではのココロ踊る加速は

    キレ切れの走りを峠でもたらし。低めのハイトなのに確実に感じる伸びのある高速巡航を発揮するエアロ性能。

    クリンチャーを圧倒する、15%も転がり抵抗を軽減と低圧による快適性も両立するチューブレス。

    タイヤは世界最高性能を誇る、速く、より快適、かつ耐パンク性能を強化したGRAND PRIX 5000 TLを選択。

    機能美あふれるカーボンリムの迫力あるフォルムは、気づけばずっと眺めてしまう愛車に変えてくれますね。

     

    走りが見た目も一新する憧れのホイールへ。

    30日まで、残りわずかとなりましたが、「0%無金利分割キャンペーン」を開催中。

    自分へのご褒美!! 今年は愛車カスタムで最高の秋を楽しみましょう!!

     

    柴谷

  • エメラルドアイリス
    2019.9.28

    EMONDA SL 5 DISCに採用されているグリーンからパープルに光の角度で

    自在に変わる美しいカラー「Emerald Iris」

     

    EMONDA SL 5 DISC / ¥280,000(税別)

     

    メーカーも生産が間に合わず長期欠品。

    入荷する前に予約で売れてしまい、なかなか店頭に展示できない大人気のこのモデル。

    やっと展示できました!!

    その美しさクローバーバイシクルでご確認ください。

    柴谷

  • 2020 Rail 9.7「悲報」と「朗報」
    2019.9.25

    ついに発表「Rail 9.7 / ¥790,000 (税別)」

    トレック、カーボンフルサスのe-Bikeが、ついに日本初上陸!!

    っと湧いた10日後。まさかの完売・・・50台があっという間だったそうです。

     

       

     

    が、朗報も!! クローバーバイシクルはRail 9.7 を5台注文。

    4台はご成約いただいてますが、なんとあと1台Mサイズが残ってます。

    今までの常識をひっくり返した、e-Bikeでしかできない走破性とその快感を楽しもう!!

    ぜひご予約お待ちしております。

     

    柴谷

  • ファビアン・カンチェラーラのこだわりがココに
    2019.9.22

    GORE-TEX で有名なハイテク素材のプロフェッショナルである

    GORE社からリリースされているサイクリングウエアが「GORE WEAR」

     

    そのトップカテゴリーが「C7」シリーズの

    「C7  RACE JERSEY」「C7  RACE BIB SHORTS+ 」は

    GORE WEARのアンバサダーであるファビアン・カンチェラーラ氏が

    輝かしいいワールドツアーの実績と経験を元に開発。

     

    現役時代、高級ブランド「ASSOS」のアンバサダーでもあった、彼の独創的ノウハウと

    GORE WEARのハイテク素材の融合により他に類を見ない仕上がりとなっています。

    こだわり過ぎて、ワンシーズン発売が遅れる事件まで起きた彼の自信作です。

     

       

       

    C7  RACE JERSEY  /  ¥28,080(8%税込)→ ¥22,464(8%税込/20%off)

    エアロフィットを追求したフラットシームの袖口と背面のドロップテールや

    前傾姿勢時のフィット感をさらに高める 後襟に余裕をもたしたデザイン。

    適材適所に機能の異なるハイテクファブリックを使用し、動きの軽さも両立。

    エアロでありながら3Dリアポケット構造により、収納力の高い3ポケットを実現

    さらにポケットの重量で背面パネルがビローンと伸びてしまわないよう

    伸縮性の少ないリフレクターベルトを背部に施し、使い勝手と視認安全性も両立している。

     

       

    C7  RACE BIB SHORTS+  /  ¥37,800(8%税込)→ ¥30,240(8%税込/20%off)

    一般のライクラと違う特殊に編んだ4ウェイストレッチ生地が、薄く軽いのに

    驚異的なホールドによる筋肉サポートをもたらしパフォーマンスを向上に貢献。

    吸水性もほとんどなく、濡れた状態でも重くならず生地の重量は一定。

    セントラルトスソーコンセプトの3点支持によりパットを的確な位置でしっかりキープ。

    フロントパネルにはWINDSTOPPERが内蔵され、通気性と防風の絶妙なバランスが

    最適な快適さを提供。これからの時期にピッタリですね。

     

    カンチェラーラのこだわりとGORE WEARのハイテク素材の融合により誕生した究極の一着で

    ハイテクウエアーで秋を駆け抜けましょう。

    クリアランスセールの今なら20%offですよ!!

    柴谷

  • F1ファン必見のサイクルウエア
    2019.9.18

    ASSOSと、MERCEDES AMG PETRONAS F1チームとの

    コラボで生まれたFF1シリーズ。

     

     

    しかもショーツは最上級のRSRグレード。

    アップデートした、S7カンピオニッシモの再来!!

    通常のニット編みライクラとはまるで違う、信じられないほどの快適さと筋肉のサポートを

    実現する平織ライクラTYPE.701 を採用。驚異的なホールド、通気性、軽さをもたらします。

    また、S9同様の8mmのメモリーフォームを持つ最新のEQUIPE EVOインサート

    ゼロウエスト構造により胴まわりの縫い目を排除。ストレスのない構造となっています。

    GTグレードとはまるで違う、右グリーパー部に施されたペドロナスグリーンがその証。

    極限の世界で戦うF1とのコラボに相応しいポテンシャルを秘めたウエアー。

    国内でなかなかお目にかかれないレアな一着です。

     

    FF1 GT SS Jersey  ¥19,440 (8%税込)

    FF1 RSR Bib Shorts  ¥45,360(8%税込)

     

    柴谷

  • 限定モデル「2020 Stache 7 」予約受付中
    2019.9.11

    もはやフロントディレイラーは不要となったマウンテンバイク。

    フロントディレイラーを排除することで、サスペンションやタイヤの太さなど

    設計の自由度が大幅に広がり、さらなる進化を遂げてきました。

    そして、固定概念を打ち砕きフレームジオメトリーまで大幅に変えてしまったマウンテンバイク。

     

    それが「Stache(スタッシュ)」

    2020年モデルもStache7が、限定発売されることとなりました。

     

    Stache 7(スタッシュ7)/ ¥284,900 (10%税込)

     

    フレーム形状を一新し、リアセンターを極限まで狭くすることで

    29プラスのセミファットタイヤを採用する大型ホイールなのに、常識を覆す驚くべき旋回性を実現。

    フロントホイールを簡単に上げれてしまうので、上級者だけのテクニックであったバニーホップも

    簡単にできてしまう楽しさ。当然、直線の走破性は大型ホイールとがもたらす安定感があり

    もはや、マウンテンバイクの面白さの概念まで一変させてしまったバイク。

     

       

     

    実は私もStache ライダー。

    いつまでも乗りたい超お気に入りの一台ですね。

     

    Stache 7 は、挑戦を続ける遊び心をもったライダーに最適です。

    さらなる走破性をもたらす軽量で追従性の高いフロントサスペンションと

    ハードユースにも耐える制動力の高いブレーキ。

    そして激上りからダウンヒルまで、あらゆる地形に対応するワイドレンジの12速ギアを装備したStache 7。

    荒れたロックセクションでも思いのままに。

    29+のワイドタイヤは、根っこや岩でゴツゴツしたトレールも驚くほどのフラット感とトラクション。

    誰もが一歩上の走りができる、マウンテンバイクの常識を一変させる一台です。

     

    Stache 7 は初回発注のみ対応した限定モデル。

    受注期間は、1020日(日)まで。

    納期は、1月~2月を予定。必ず欲しい方は要予約ですよ。

    メーカーも在庫しないので、ご予約頂いたからのみのレアモデルです。

    この機会をお見逃しなく。

     

    柴谷

  • 快適ロードインプレッション Vol.1「Domane SL6」
    2019.8.25

    2020 注目のTREK 快適ロード

    「Domane」の試乗車を準備しました。

    早速、試乗コースである浜寺公園でインプレッション。

     

     

      

    Domane SL6 / ¥440,640 (8%税込)

     

    第三世代としてフルモデルチェンジを果たしたエンデュランスロードバイク「Domane」は

    トレック独自の振動吸収システムIsoSpeed によっていつまでもどこまでも走りたくなる

    快適性を実現するロングライドモデルというコンセプトは今までと変わらないのですが

    実際このモデルに乗ってみると別物。

    進化というより、まさに「革新」と言って良い出来の良さを感じます。

     

    本命の「乗り心地」

    旧モデルと比べ明らかにシートチューブがこれまで以上にしなやかであり

    サドルから伝わる振動が格段に減少。より高い快適性能を実現してる。

    まるでサスペンションが装着されてるような追従性の高い積極的なしなりが

    振動の大きい石畳にて高速走行した際も、強い突き上げに弾かれることが一切ない

    驚きのフラット感をもたらしてくれます。

     

    驚きの「加速」

    「キビキビした加速力を求めるならEmonda」

    「快適性を求めるならDomane」

    と2019モデルまで接客してきましたが、この内容が大きく変わりそうです。

    ヘッド、ダウンチューブ、BB周辺のいわゆるスパインと呼ばれる走りをつかさどる部分の

    剛性感が高く感じられ、高トルクでもとてもダイレクトな反応。

    旧モデルに感じられた、加速のモッサリ感が見事に無くなっています。

    「キビキビした加速力を求めるならEmonda」

    「キビキビした加速力にさらに快適性を追加するならDomane」

    こんなニーズに変わったと言っても過言じゃありません。

     

    風を操る「巡航性能」

    新型Domaneは、Madone で培った空力技術を用いてエアロ化を果たし高速巡航性も強化。

    流石にMadone ほどの伸びはないが、30kmからの高速巡行では全然スピード落ちないし

    翼断面後方が平らになったKVF形状のエアロチューブによって、向かい風や横風に対しても

    非常に走りが安定して走りやすい印象でした。

     

    新型Domaneは、加速、巡航、快適、その全てを一台に凝縮した

    ホビーライダーからシリアスライダーまで幅広く楽しめる、まさに「よくばりモデル」

    さあ、あなたもまずは試乗車でその良さをクローバーバイシクルで体感してみよう。

     

    柴谷

  • TREK WORLD JAPAN 2020 レポート
    2019.8.6

    先週東京で行われた、TREK WORLD JAPAN 2020 に参加して来ました。

     

       

       

     

    やはり注目はフルモデルチェンジされた「Domane」

    会場の入口に展示され圧倒的な存在感を放ってました。

    空力性能の向上を実現し、高速巡航性能が飛躍的に高められました。

     

    世界トップクラスの空力性能を誇るエアロロード「Madone」を彷彿させるエアロチューブや内装式ケーブルは

    以前のDomaneとの比較ではなんと1時間のライドで1分短縮する実力。

    空力だけでは無く最大38cまでのワイドなタイヤを履いても十分なクリアランスを備え

    グラベル、バイクパッキング等の、より幅の広いニーズにも対応できるようになりました。

    そして、荒れた路面でも確実なコントロール性をもたらすディスクブレーキが全モデル搭載。

     

    さらにサドルバックを不要なものにする便利な新機能

    パンク修理キットをフレーム内に収納できる内蔵ストレージを開発。

    よりスッキリしたビジュアルだけでなく、空力性能の低下も防止できる一石二鳥の機能。

    これから暑い時期に向けてダブルボトルにもしっかり対応できますね。

     

     

    すでに人気のEmonda SL5 Disc ですが

    角度によってパープルからグリーンに変化する

    美しすぎるカラー「Emerald Iris」は長期欠品が続いてますね。

    Project One の ICON Refliptiveのジワっと変化するマジョーラカラーとはちょっと違い

    角度によって急激に変わる印象。いづれにしてもカッコイイですね。

     

     

    ウチの吉山も早速買っていましたが、トレンドの29erエンデューロモデル「Slash 8」

    カーボンフレームのみであったSlash シリーズに待望のアルミフレーム登場。

    ではアルミSlashは重いのか?  M – 14.20 kg

    前後160mmストロークの登れる下り系としては、十分な軽さ。カスタムでまだまだ軽くもできます!!

    本格ダウンヒルまで楽しめるモデルとしては、価格も421,200円(8%税込)とコスパもいい感じです。

     

     

    メーカー発表前で、バイクの紹介はできませんが、e-Bikeも2020モデルはパワフルです。

    左:今までのマウンテンバイクユニット

    中:先日発表された第4世代のBOSCH製新型パワーユニット「Performance Line CX」

    右:Dual Sport+ や、Verve+に搭載されている、パワーユニット「Active Line Plus」

     

    「Performance Line CX」はマグネシウムの使用と内部機構の新設計により

    25%の軽量化、48%の小型化を達成しつつも、内臓の複数センサーにより

    機敏かつ最大出力トルク75Nmの圧倒的なパワーをもたらすだけでなく

    コンパクトなドライブユニットはより高いフレーム設計の自由度を高め

    クランク軸から後ろを無くすことで、トレンドであるショートチェーンステイ化を実現。

    さらに、eMTB用途に特化したアシストモード「eMTBモード」が搭載。

    狭い箇所でのターンや滑りやすい斜面を登る際に、最適なアシスト力が瞬時に提供。

    技量を要する場面でモーターパワーを意のままに操れます。

     

    安全性をさらに高める、革新的な安全テクノロジー「WaveCel」

    一般的なフォームヘルメットは、頭部を直線的にかかる衝撃から守るのに対し

    WaveCelは、ねじれ、回転、斜めからの衝突と言った日常サイクリングの事故で生じる衝撃に

    セルが潰れるまで変形、そして滑るというこの構造がエネルギーを効果的に吸収し

    48倍もの脳震盪の防止効果を実現しています。

    安全で選ぶなら間違いなく「WaveCel」ですね。

    残念ながら今回のトレックワールド、試乗がありませんでしたが

    クローバーバイシクルには、もうすでに「Domane SL 6 Disc」の試乗車があります。

    次回はインプレッションご紹介します!!

     

    柴谷

     

     

     

     

  • 1 2 3 4 5 6 7 22