news
  • Roscoe 8 でオフロードデビュー
    2019.1.30

    はじめてオフロードを楽しみたい方にオススメの

    限定モデル「Roscoe 8 (ロスコ8)/17.5 “」が入荷しました。

     

       

       

    Roscoe 8   150,120円(税込)

     

    迫力のセミファット27.5+  のワイドタイヤによって

    根っこやロックセクションを物ともしない走破性と

    広い接地面積が、通常タイヤとは比べ物にならないトラクションを生み出し

    27.5が得意とする旋回性に優れた1台に仕上がってます。

    さらに、シンプル操作かつワイドレンジであらゆるトレイルに対応する1×12のドライブトレインや

    トレイルライド必須のドロッパーポストまで装備した、死角のない即戦力モデル。

     

       

       

     

    このライド写真、全てRoscoeです。

     

    山でトレイルを豪快に駆け抜けるもよし。街を個性的にクルージングするもよし。

    フリースタイルで楽しめる限定モデルRoscoe 8いかがでしょうか!!

     

    ぜひクローバーバイシクルでお確かめください。

     

    柴谷

  • 楽に速くを現実に「Q−RINGS」
    2019.1.29

    「効率を上げて気持ちよく駆け抜けたい」

    そんな要望を叶えるROTOR (ローター)社の「Q-RINGS(キューリングス)」をご紹介します。

     

     

    と、その前にROTORの歴史についてふれてみましょう。

    1990年台中頃にマドリード大学航空工学科の学生たちが

    「人間による円運動と自転車のペダリング」をテーマに研究をはじめ

    複数のチェーンが取り付けられたものやフレームにギアが内蔵されたもの

    クランクが伸び縮みするものなど、これまでに様々なシステムが考案され

    現在の楕円型チェーンリング「Q-RINGS」が誕生しました。

    最初は楕円ではなかったんですね!

     

     

     

    さて、このようにして生み出されたQ-RINGSですが、

    どのようにして「効率の良いペダリング」をもたらしてくれるのか。

    クランクを時計と考えた時、筋肉の構造上クランク位置が2時あたりから力が入り

    多くの筋肉が加わり、ピークパワーを迎えるのが4時あたりと言われています。

    その時、チェーンリングは歯数が大きいハイギアとなり高出力を生むことができます。

    逆に、力の入りにくい上死点と下死点のポイントでは歯数が小さいローギアとなり楽に回せます。

    クランク一周の運動量は同じですが、この変化によって楽な運動が可能となっているんです!

     

    例えば、通常スクワットをすると当たり前ですが一定の体重がかかります。

    これが真円リングだとすると

    楕円リングでは力が入りにくい深いポジションでは体重が軽くなり

    力が入れやすくなる、浅いポジションで体重が重く変化するような理想的な現象となるのです。

     

     

     

     

    さらに!OCP (オプティマム・チェーンリング・ポジション)という機能で

    その人の乗り方やフィールドによって

    筋肉のピークの位置に合わせてセッティングすることもできます。

     

     

     

    最新のモデルALDHU(アルデュー)では、細かく幅広い調整が可能なんです!

    自分好みのバイクにカスタマイズできるのも魅力の一つですね。

     

     

     

    実は、今まで「楕円のチェーンリング」は食わず嫌いでしたが

    実際使ってみてガラッと印象が変わりました!

    足がスイスイ回る感覚、「今の力具合だとスピードは30Kmぐらいかな、、」

    とメーターを見ると35Km。「楽に速く」が見事に実現されています!

    OCPも標準でのセッティングのままですので

    これから他のポジションも試してまた皆様にお伝えできたらなと思います。

    まだ使い始めたばかり。「Q-RINGSに適応できる筋肉になるまで約2ヶ月」と言われているので、

    「今で未完成なのか」と考えるとこれからの進化がとっても楽しみです。

     

    「カーボンホイールに変えたら乗り味がすごい変わった!」とよく耳にしますが、

    オーバル・チェーンリングに変えた時もそれと同じぐらいの感動を得ることができますよ!

    お手頃に変化を感じたい方、楽に効率よく速くなりたい方、

    クローバーバイシクルでお待ちしております。

     

    吉山

  • 一度着るとやめられないアソスウェア
    2019.1.29

    カキーンと気温が下がりましたね。来週はもっと寒くなるようです。

    僕はこの冬のシーズン、ウインターウェアをアソスに新調しました。

    夏もアソスを着てますが、一度着てしまうと他のウェアが

    着れなくなってしまうのが、アソス。

    運動性を損なわない保温性、快適な着心地、風を切るようなエアロ性能に

    惚れ込んで冬ウェアも買っちゃいました。

     

     

    MILLE GT WINTER JACKET   ¥39,440(税込)

    ミレGTジャケットウインターは薄手ながらも高い保温性とエアロ性能に特化したオススメモデル。

    適応温度は4 ℃~12℃。

    ボディ部分にアソス独自の新素材となるソフトシェル、NEOS(ネオス)シリーズの中で

    ウインターライドに最適な「NEOS ミディアム」を採用し

    薄手ながらも、他モデルと同等の防風、防水性を持ちながら

    圧倒的な透湿性能を両立することで、運動で発生する熱や汗も素早く排出してくれます。

    裏地に使用される独自のRXフリース素材は、より薄く、軽量を保ちながら、高い保温性と断熱性を誇り

    表地であるNEOSの高い透湿性をサポートする高い吸水速乾性を発揮。

    さらに腕の外側、肩から背中にかけて、適材適所にNEOS ミディアムを上回る透湿性を持つ

    「NEOS ライト」を使用することで、圧倒的な軽さとさらなる快適性をもたらしてくれます。

    冬でもライドクオリティを一切落とさないアソスのこだわりがハンパないですね。

     

    そして、かさばらないのでベースレイヤーのスキンフォイルやウインドベストの組み合わせ次第で

    幅広い温度帯に対応。ポカポカ陽気な日からカキーンと冷え込んだ日まで

    ウインターライドを快適に楽しめます。

     

       

     

    ミレGTウインタージャケットに着用してまず驚いたのは

    薄いのに寒さを感じなかったことです。これは冬のライドではかなり重要なことです。

    運動強度が上がり、汗冷えしてしまったという経験ありませんか。

    僕自身も他社のウェアでは汗処理が間にあわず、山頂ではいつも凍えてました。

    寒さと暖かさの絶妙なバランスを取っているのがミレGTウインタージャケット。

    かさばらず、発汗、発熱処理に優れたウェアを着るようになったことで

    その心配はウソのようになくなり、ライドの終盤まで快適に楽しめるようになりました。

     

     

    一度履くとクセになってやめられないアソスのタイツ。

    アソスの代名詞でもあるS7パットはウインターウェアでも大活躍です。

    年末年始に大阪から串本ライドに230Kmを制覇して来ましたが

    全然お尻が痛くなりませんでした。

    これを体験してしまうと他社のタイツは履くことが出来ません。

    230Kmのライドでもお尻の痛みを感じない究極の快適性。僕はもうアソスの虜です。

     

     

    僕が一番、着用して驚いたのはエアロ性能。

    アソスはもう別物でした。

    ウインターウェアは着るとシワが入ってしまったり、逆にきつくなりすぎてしまうことがありませんか。

    僕は脚が短く、かなり太いので、いつも裾が余ってしまい冬のタイツにはかなり悩んでいましたが

    アソスのビブタイツで一気に解消。

    アソスの代名詞でもある立体裁断と、適材適所の伸縮が

    履いた瞬間から快適で、ピタッと決まったシルエットがとにかくカッコイイ。

    平坦の高速巡航スピードが、明らかに2~3km/h伸びます。

    河川敷沿いの向かい風がキツイ区間でもスピードをキープし楽しめるのもアソス効果ですね。

     

    そのフィット感は試着だけでも体感できます。

    実は僕も試着した瞬間にコレしかないと思って即買いしちゃいました。

    ぜひ一度試着だけでもアソスを体感して頂きたいです。

     

    着るだけで、性能を十二分に体感できるアソスのウェアは一度着ると離れられなくなりますね。

    まずはその良さをクローバーバイシクルでお確かめください。

    実は来シーズン、ラインナップはそのままで値段だけが上がる見通し。お得なセール品も店頭にございます。

    今が買い時のチャンスですよ。

     

    前里

  • ダートの楽しみも様々なんです
    2019.1.27

    あらゆるトレイルを走破したい。

    走破性の高いマウンテンバイクの醍醐味です。

    そんな欲求がマウンテンバイクのジャンルを細分化させ

    それぞれのシーンにおいて得意なバイクが用意されています。

    細かく分けるとかなりのジャンルに分かれるので

    代表的な4種類のカテゴリーをご紹介。

       

    「クロスカントリーバイク」 上り:★★★★★ 下り:★★★

    アップダウンもあるオフロードの周回コースで競そわれるクロスカントリーレースにおいて

    登りでの速さを追求し非常に軽量に作られており、下りも走破性の高い29erホイールを採用。

    フレームジオメトリーは、効率良くペダリングパワーを伝達できるポジショニングと

    シングルトラックでクイックなハンドリングに対応するショートホイールベースに設定されている。

    クロスカントリーレースに出場してみたい、上りが好きで山をとにかく速く駆け抜けたい方向け。

    サスペンションストロークは100mm前後。

     

       

    「トレイルバイク」 上り:★★★☆ 下り:★★★★

    軽量かつペダリング効率に優れたクロスカントリーバイクと

    ガンガン下れる走破性を持つエンデューロバイクを凝縮したオールラウンドモデル。

    迷ったらまずはこれ。すべてが出来る。登りも下りも思うがまま。

    山全体のあやゆるシーンを最高に楽しませてくれる欲張りな一台。

    サスペンションストロークは130mm前後。

     

       

    「エンデューロバイク」 上り:★★ 下り:★★★★☆

    エンデューロと言えば、耐久レースを思い浮かべる方が多いと思いますが

    マウンテンバイクでエンデューロは、ダウンヒルの複数ステージレースと

    各ステージへ自力で移動するリエゾン区間も制限時間が設けられている。

    車のラリーをイメージすると分かりやすいかもしれません。

    各ステージの合計タイムで競われるものなので、ガンガン下れる走破性はもちろんのこと

    リエゾン区間は上りがメインとなるので、上りもこなせる仕様が必須となるのです。

    エンデューロに出なくたって

    「山遊びはやっぱり主役は下り!!」「気軽にダウンヒルコースを楽しみたい」

    っという方にオススメのジャンル。サスペンションストロークは150~170mm前後。

     

       

    「ダウンヒルバイク」 上り:☆ 下り:★★★★★

    その名前の通りダウンヒルで最高のパフォーマンスを追求した下り専用モデル。

    急斜面を高速で走るという1点を追求したジオメトリーと、強い衝撃にも対応する重量は

    逆にフラットな路面で操作しずらく、さらに登り坂ではその重量も足かせとなる。

    ダウンヒルコースに持ち込んで、アグレッシブな走りを楽しみたい。

    レースで上位を目指したい方向けの尖ったモデル。

    サスペンションストロークは、180〜200mm前後。

     

    この中でオススメは

    なんでも出来る「トレイルバイク」 

    下りメインで山を楽しむ「エンデューロバイク」

     

     

    Fuel EX 8 29  /トレイルバイク

    迷ったらまずはこれ。すべてが出来る。登りも下りも思うがまま。

    Fuel EXは山全体のあやゆるシーンを最高に楽しませてくれる欲張りな1台。

    価格:¥399,600 (税込)

     

    Remedy 8 /エンデューロバイク

    27.5+に対応した新設計のジオメトリー。

    2.8幅まで装着可能なセミファットタイヤがもたらす走破性を新たに手に入れ

    今までの旋回性の良さと相まってコーナーもストレートも、そしてジャンプまで。

    より激しいダウンヒルシーンを、ハードに乗りこなせちゃいますよ。

    価格:¥399,600 (税込)

     

     

    Slash 9.7 29 /エンデューロバイク

    アグレッシブなトレイルライダーへ。上級グレード同様に軽量カーボンフレームを採用。

    大径な29インチがもたらす走破性と安定感は、激しい下りはもちろん登りまで

    難なくこなせるオールラウンドモデル。

    価格:¥500,040 (税込)

     

    「ヒャッホー」って思いっきり叫びながら夢中になって楽しめちゃう

    クローバーバイシクルのライドにぴったりなマウンテンバイクです。

    ぜひクローバーバイシクルでご確認ください。

    柴谷

     

  • 世界で自分だけのお気に入りの一台
    2019.1.25

    トレックのカスタムプログラム「プロジェクトワン」なら

    何千万通りの中から自分だけの1台を作る事が出来ます。

    さて私も、怪我からの復帰に合わせて新車を予定していますが

    いや〜、今回もめっちゃ悩みましたがついに決定。

     

     

    数々のアクションスポーツやトップライダーをスポンサードしている「レッドブル」

    その頂点であるRed Bull RacingのF1カラーをイメージ。

    そして、今回選択したカラーテーマは「Gran Premio(グラン・プレミオ)」

    すなわちグランプリを意味しており、トップチューブからシートステーまでドーンと貫く

    スピード感あふれるラインが、今回のコンセプトにピッタリ。

    シミュレーション画像では分かりにくいですが、もちろんマット仕上げで決めます。

     

    悩んだだけあって、決めたらめっちゃ待ちどうしいです。

    相棒との感動の出会い、とっても楽しみです!!

     

     

     

    「プロジェクトワン」は、カラー選択だけでなく、コンポーネントやホイール、ハンドル等の選択は

    もちろんハンドル幅、ステム長、シートピラー長&オフセット量、クランク長、ギアレシオまで

    各サイズ選択も可能。

     

    クローバーバイシクルの提案するプロジェクトワンなら、BIKE FITといった各種フィッティング理論を

    ベースに、実走データや数百人のデータから学んだ独自のノウハウを加えたフィッティングによって

    新車なのにいきなりジャストフィット。

    マシン性能を、100%の力を発揮できる一台に仕上げてお渡しします。

     

    只今、2月28日までの期間中、プロジェクトワンをご購入頂くと

    トレックより嬉しい2万円のキャッシュバックキャンペーン(フレームセットは15,000円)開催中。

    さらに、その期間中クローバーバイシクルでは

    プロジェクトワンと同時購入のオプションパーツもALL 10%OFF !!

    この機会に世界で自分だけのお気に入りの一台、作って見ませんか。

    プロジェクトワンはココからはじまりますよ。

     

    柴谷

  • はじめの「一歩」
    2019.1.21

    初めてのロードバイク。

    ちゃんと始めれるだろうか。どこを走ったらいいの。これで正しいのか。

    分からないと不安だったりしませんか。

     

    クローバーバイシクルでは、ロードバイクを始められる方のライドデビューに向けて

    安全に正しく楽しんで頂けるよう初心者ライドから開催しています。

     

    「みんなで走るといつも以上に疾走感を味わえます」

    「普段一人では出せない速度域で簡単に走れちゃいますね」

    「いつもと違うコースがとても新鮮」

    「路駐をかわすことが全然気にならなくなりました」

     

    集まったメンバーと一緒にトレインを組みながら

    風を受けない適切な車間距離を保ちながらのハンドサイン練習や路駐のかわし方などを実践。

    同じ趣味を持つ仲間同士、安全に楽しめるライドを目指しています。

    ロードバイク楽しみ方次第で、感動も倍増ですよ。

     

     

       

     

    風を感じながら走りませんか。

    初心者ライドは、クローバーメンバー(当店でバイクご購入のお客様)でしたら

    どなたでもご参加できる、ゆっくりライドです。

    ライドイベントに参加してみたいけど、ついていけるか自身がない。

    そんな方は初心者ライドから初めてみませんか。

    ぜひご参加ください。

     

    前里

     

  • 健康に毎日を楽しもう!!
    2019.1.19

    ママチャリとは一味も二味も違う

    TREKのクロスバイク「FX 」

    この爽快なバイクをライフスタイルに取り込んでみませんか。

     

     

    体への負担が少ないスポーツバイクは、無理なくマイペースに走ることで効果的にカロリー消費ができ

    本来我慢や苦しいダイエットも、風を感じ楽しみながらシェイプアップ。

    さらに距離を伸ばせば今まで体験したことのない達成感や、新たな発見ができることも魅力の一つ。

    クロスバイクなら仕事に追われる運動不足な毎日や退屈だった週末を充実した時間へ一変させます。

    これから運動を始めようか検討中のあなたに、ピッタリな一押しクロスバイク「FX」をご紹介します。

     

       

    TREK FX 3 Disc  / ¥84,240(税込)

    「気軽にスポーツライドを楽しみたい」「毎日の通勤通学を爽快に駆け抜けたい」

    「週末ちょっと足を伸ばしてサイクリングを楽しみたい」

    そんなあなたにオススメは人気No.1のクロスバイク「FX 3 Disc」

     

    走りを大きく支えるメインフレーム。軽量だけでなく高剛性まで両立した

    アルミフレームはパイプ形状や肉厚を自在に成形できる

    ハイドロフォーミング技術によって実現。

    ペダルを踏んだ瞬間グッと伸びる加速をもたらします。

     

    いつまでも乗りたくなる快適性も忘れていません。走行中に様々な振動が発生します

    「FX 3 Disc」に採用されたカーボンフォークは軽量、高剛性だけでなく振動吸収性にも

    優れアスファルトから発生するバイブレーションもしっかり対応してくれます。

    道路の継ぎ目や歩道の段差等での大きな衝撃はハンドルバーに内蔵された

    エラストマーによって緩和するトレック独自の技術「IsoZone グリップ」が効果を発揮。

    グリップだけでは不可能な柔らかさを実現し、本来、前傾姿勢で負担がかかる

    手や腕は、ロングライドでも楽々です。

     

    もはやスポーツバイクのスタンダートとなりつつあるディスクブレーキ。

    制動力の高い油圧ブレーキが高い制動力だけでなく、きめ細かいブレーキコントロールも可能にし

    安心で快適なサイクリングを楽しむことができます。特に雨天や滑りやすい路面でその効果は絶大。

    ブレーキを挟む必要がなくなったリムは真っ黒となり、ブラックアウトされたホイールが

    足まわりをグッと引き締めフレームカラーを一層引き立たせてくれるのも嬉しい効果ですね。

     

    カラーは個性あふれる4色展開。

    クールでカッコイイ「マットブラック」

    パール塗装で高級感のある「クリスタルホワイト」

    スポーティーかつスタイリッシュな「ボルトグリーン」

    エナジー溢れるビビットな「バイパーレッド」

    あなたの好みやライフスタイルに合わせて選べますよ。

     

    FX 3 Discなら毎日の通勤が楽しくなり、週末のライドが待ち遠しくなること間違いなし。

    走る愉しさを追求し、何気ない毎日を健康かつ充実した日常へと変えてくれる一台です。

     

     

    TREK FX S 4  / ¥125,280(税込)

    風を切って爽快にスポーツを楽しみたい

    そんなお客様にオススメのバイクが「FX S 4」です。

     

    クロスバイクのアップライトかつ直進安定性に優れたジオメトリーはそのままに

    アルミパイプの肉厚を極限までに薄くし、応力解析によって導かれた大胆に攻めた

    パイプ形状により軽量比強度を大幅に向上。エントリーロードバイクのクレードを上回る

    「Alpha 200 」アルミフレームによりその走行性能は本物。

    まさに羊の皮を被った狼のようなクロスバイク。

    さらにワイヤーもフレームに内蔵され、より美しく仕上がった見た目がバイクの

    高級感とかっこ良さを一層高めます。

     

    ロードバイクのようなスピード感が欲しい。でもドロップハンドルや

    本気のサイクリングウエアーには抵抗があるという方にもオススメ。

    服装を選ばず、気軽にエクササイズを楽しめる一台です。

     

     

    TREK FX 2 Disc  / ¥64,800 (税込)

    毎日の通勤通学を快適に、街乗りを楽しみたいという方にオススメなのが「FX 2 Disc」

    FX 3 同様のアルミフレームにより機敏な走行性能を実現。

    油圧ディスクブレーキのコントロール性も相まって、街乗りを十二分に楽しめる走行性能を発揮。

    オプションでオシャレなフェンダーを組み合わせるて、毎日がより便利な仕様が似合うバイクです。

     

    あなたはどのFXを選びますか。

    クローバーバイシクルでは、「FX 3 Disc」の試乗車もご用意してます。

    まずはその性能をご体感ください。

     

    ネットやカタログで分からないその気持ち良さを感じれば

    あなたにぴったりなバイクが見つかりますよ。

    ご来店お待ちしてます。

     

    柴谷

     

     

  • イタリアンブランドでオシャレに決めよう
    2019.1.18

    寒い日が続きますが、ライド楽しんでますか?

    バイクだけでなく、ウインターウエアーもトータルでこだわりたいですね。

    防寒は当たり前、スタイリッシュで、軽くて動きやすく、そしてエアロで速い。

    ハートロゴでおなじみ、イタリアンウェアPISSEI(ピセイ)の

    ウインタージャケット「 ガルデーナ」

    ビブタイツ 「ラバレード」をご紹介。

     

       

     

    PISSEI ウィンタージャケット ガルデーナ/ 5~20℃対応

    ¥26,676  → ¥21,341(税込)/ 20%off(SALE)

    ガルデーナは、5~20度までワイドに対応できる一着。

    薄く軽く動きやすいのに暖かい。汗抜けが良いのに寒くない。

    さらにエアロフィットで空力に優れた速さまで両立してくれる高性能ジャケット。

    速さを求める発汗量の多いハードなライディングまでしっかり対応します。

    デザインも黒になりがちなウィンタージャケットですが

    前面にキルティング柄と、シンプルなラインを施したスタイリッシュな仕上がり。

     

    PISSEI ビブタイツ ラバレード/ 5~15℃対応

    ¥28,296 → ¥22,637(税込)/ 20%off(SALE)

    PISSEIコレクション中最もハイエンドなビブタイツ。

    ボディラインに沿ったカッティングで、これまでにないタイトフィット感を実現。

    とはいえ、伸縮性にも優れキツくなく、様々な足の長さや太さにワイドレンジで対応。

    緩かったり、長がったりでシワになってかっこ悪かったり、キツく不快が全然無い快適モデル。

    衝撃吸収ゲルを内蔵したシームレス成形の高密度ウレタンパッドが

    さらに気持ちいいライドを提供してくれます。

     

    ピセイの使命。それはサイクルウェアをよりスタイリッシュにするとともに

    より優れたパフォーマンスを引き出すこと。

    エレガントで美しいイタリアンデザインと最高級の素材を調和させ

    走る歓びと、どこまでも駆けていけるパフォーマンスが魅力。

    こだわりのあなたにピッタリのウエアーですね。

     

     

    トータルコーディネートとして、ヘルメット、サングラスも

    全てイタリアンブランド、イタリアンメイドで揃えてはいかがでしょうか。

     

    KASK VALEGRO

    ¥30,840(税込)

    ヘルメットはKASK(カスク)の「VALEGRO(ヴァレグロ)」は、KASK最軽量の180gを実現し

    風洞実験に基づく科学的な解析により、低速時におけるヘルメット内部の通気性が格段に向上。

    頭部接地面積を一般的なヘルメットに比べ約70%減少させている、ヒルクライムに最適なヘルメット。

    KASKらしい高級感ある、ネイビーメタリックがジャケットとの相性もバッチリですね。

     

    KOO OPEN CUBE ASIAN

    ¥24,840(税込)

    今シーズンからTrek-Segafredoも使用するKASKのアイウェアブランド、KOO(クー)の

    「OPEN CUBE(オープンキューブ) 」同一メーカーによるトータルデザインで決まりますね。

    サングラスにおいて最も重要なレンズには、高強度で歪みを極限まで抑えた

    ドイツの光学機器メーカーであるZEISS製を採用。クリアーレンズも付属している。

    あらゆる輪郭に合わせて、きめ細かいフィッティングができるのも魅力。

    2種のフレームカーブ、2種のフレーム幅から選択可能。各微調整もノーズパットの幅

    テンプルの角度等きめ細かく対応でき、理想的なジャストフィットも得られるスポーツグラスです。

     

    スタイリッシュでのウエアーで駆け出せば、一層ライドも盛り上がりますよ。

    まずはクローバーバイシクルでぜひお試しください。

     

    柴谷

     

     

     

     

  • P1ギャラリー「Madone SLR 9 Disc / Prismatic Pearl 」
    2019.1.17

    あなたのお気に入りのカラーを選ぶ。

    こだわりの一台が実現するトレックのカスタムオーダープログラム

    「プロジェクトワン」にてオーダーされたバイクをご紹介。

     

    2019モデルのフラッグシップに相応しいNEWカラースキームとなる

    圧倒的なオーラを放つ高級塗装の「ICON(アイコン)」シリーズ。

    その中でも、今まで見たことのない衝撃なカラーが「Prismatic Pearl (プリズマティックパール)」

     

    光の角度や加減で様々な色が現われ、「Madone (マドン)」の迫力あるフレーム形状によって

    見るものを魅了してしまう、オーロラのような輝きを放ちます。

    天気によってその輝きも様々に変化。ピーカンの日はいつも以上にテンションが上がる事間違い無し。

    今まで見たことのない近未来感たっぷりのペイント。

    オーナーの満足感を満たしてくれることは間違い無しですよ。

     

       

       

     

    Madone SLR 9 Disc ¥1,382,897(税込)

    Color: Prismatic Pearl

    Drivetrain : Dura Ace Di2 9170 Series

    Wheelset : Aeolus XXX 4 TLR

     

    無難な完成車とは一味違う、個性を思う存分引き出したカラー。

    プロジェクトワンであなただけの「マイトレック」を作りませんか。

    そのこだわりにクローバーバイシクルはお応えします。

     

    柴谷

     

  • Aeolus XXX 4 ディスクチューブラー 新登場
    2019.1.15

    Aeolus XXX 4 ディスクブレーキホイールに待望の追加モデル。

    Trek-Segafredoも採用する、チューブラーモデルが新登場。

     

    Bontrager Aeolus XXX 4 Disc Tubular    F/¥149,000   R/¥169,000

    ※ローターは別売りです

     

    チューブラー前後セット:1330g

    クリンチャー前後セット:1455g

     

    その重量差は前後セットで125g。

    しかも外周系であるリムの重量差ですから、その違いは明らか。

    47mmハイトのエアロリムが伸びのある高速巡航性能を発揮しながら

    さらに、軽量化によって加速や登坂性能まで高めてくれます。

     

    もっと速く、もっと遠くへ!!

    愛車の走りに磨きをかけるのに効果的なのがホイールのグレードアップ。

    ホイールを変えれば風貌も一新。

    気づけばずっと眺めてしまう愛車に変えてくれますよ。

     

    柴谷

     

     

  • 1 2 3 4 5 6 7 92