news
  • タイヤ交換で走りも一変
    2022.9.25

    マウンテンバイクのタイヤ交換はいつもワクワクします。

    バイク性能に大きく左右し、走りにハマれば走りもいっそう磨きがかかります。

     

     

    交換時期ですが、ツルツルになるまでタイヤを使われる方おられますが

    転倒とパンクリスクが高くなるだけです。

    トレイルやダウンヒルを走るシビアコンディションなら

    ブロックの角が丸くなったら交換。グリップ全然違います。

    たとえ減ってなくても、1年も使えばコンパウンドも硬化しケーシングも劣化。

    衝撃吸収にも大きく差がでます。この場合も交換がオススメ。

    今や当たり前のチューブレス。半年ごとに一度シーラント入れ替えますので

    二度目はタイヤごと交換がわかりやすいですね。

     

    そして、完成車の純正タイヤはコストダウンモデルが多く

    バイクのポテンシャルを出しきれていません。

    思い切って高性能なタイヤに変えるのも、上達の近道ですね。

     

     

    前置きが長くなりました。さて本題。

    今回選んだタイヤは、Polygon-URチームによって

    ワールドカップで鍛え上げられた、KENDA HELLKAT(29X2.60 EMC/ 9,350 税込)

    ブロックパターンは今まで使っていたSCHWALBE MAGIC MARYと似てるが

    個々のブロックが僅かに小さく、泥はけが良さそう。

    ドライはもちろん、雨上がりの詰まる泥にも威力を発揮しそうです。

     

    KENDAの特徴は、同モデルで

    トレイル(ATC)

    エンデューロ(AEC)

    Eバイク(EMC)

    DH(AGC)

    の4種類のケーシングが選べる事。

     

    RAILにはEMCを選択。

    適正強度を確保しながら、前後で400gの軽量化。明らかに走りが軽く期待大。

    明日のライドが楽しみです!!

     

    柴谷