news
  • 寒さもへっちゃらウインターライドを楽しもう
    2021.1.11

    カキーンと冷え込んだ一日でしたが

    ウインターウェアに身を包み、十三峠満喫してきました。

    サイクリングは身体を鍛え、ダイエットにも効果的。

    マラソン大会の中止のせいもあり、毎年ランナーでにぎあう大和川も走りやすかったです。

    山頂は−3度でしたが、装備をしっかり揃えれば厳しい冷え込みも

    ペダルを漕ぎ出せば身体はすぐにポカポカに。意外と快適なライドを楽しめちゃいます。

     

     

    ちゃんと適正スペックのウエアーを着れば、枚数を着込む必要もありません。

    上半身は、BIORACER のカスタムウインタージャケットと

    冬用アンダーのCraft Active Extreme2.0の2枚だけ。

    下半身はASSOS LL.Habu S7タイツ1枚のみで、走れちゃいます。

    クローバーのカスタムウインタージャケット

    この体感透湿性能で、¥26,400(税込)はコスパも最高。

     

    理想のウインターウェアとは

    ・冷気をシャットアウトする防風性能

    ・運動による汗や熱を逃がす透湿性と通気性

    ・楽に高速巡航が可能なフィット感

     

    こんな3拍子そろった高機能ウェアを、クローバーバイシクルではオススメしており

    あこがれの高級ブランドから、特価アイテムまで幅広くご用意してます。

     

    一年の1/4は寒い冬。

    ウインターウェアーを装備して、愛車で一年中ライドを楽しみましょう。

     

    柴谷