news
  • バーチャルフィールドを思いのままに
    2020.12.11

    コロナ禍の現在、スマートトレーナーで、実走さながらのインドアトレーニングを楽しめる

    「ZWIFT ( ズイフト ) 」が熱いです!!

    クローバーバイシクルでは、毎週火曜の晩に仕事後のエクササイズとして

    「ズイフトナイト」と称したグループライドを開催。

     

    今回は、40kmの中にスプリントポイントと

    2箇所の山岳ポイントが含まれた人気コース「OUT AND BACK AGAIN」

    毎週走っている甲斐もありヒルクライムは確実にタイムアップしてきましたが

    体重が軽いせいもあるのかスプリントはまだまだですね。3秒も差をつけられちゃいました。

    参加メンバーの方お疲れ様でした!

     

     

     

    今回のライドで、ステアリングブロック「Sterzo Smart(ステルツォ スマート)」を初導入。

    スマートトレーナーは、勾配に合わせての自動負荷機能や

    ドラフティングの再現だけでも十分の楽しめますが、さらにハンドルを切ることが可能となります。

    ただ蛇行出来るだけの機能ではなく、コーナーのライン取りでインコースを攻めるだけで

    並走していたライダーと差がつくほど速く走ることができ

    リアリティの高いライドを楽しむことができました。

     

     

    ELITE Sterzo Smart(¥11,000 / 税込)

     

    いつものズイフトのセンサー接続画面で繋いだら

    後はフロントホイールの下に敷くだけの超簡単セッティング。

    ハンドルを切るとアバターを自由自在に操作することが可能に。

    前方のライダーをよけたり、ラクに走りたいときはライダーの後ろについてドラフティング。

    さらに、コーナーリングの際に最短ルートを選択するなど、実走さながらのライドが楽しめます。

    安定感も抜群でハンドルが自動で戻る「ハンドル自動復帰システム」を搭載。

    安心してライドを楽しめました。

     

    ELITE Sterzo(¥4,950/ 税込)

     

    センサー機能を省いたノーマルタイプもラインナップ。

    ハンドルの切れ角やハンドル自動復帰システムなどは「Sterzo Smart」と同じ仕様。

    ハンドルが切れるようになるだけでも実走感により近くなり、バイクにかかる負担も軽減。

    スマートフォンをハンドルバーに装着し

    アシスタントアプリを介してステアリング機能を追加することも可能です。

     

    早くも「Sterzo Smart」はメーカー在庫切れですが

    クローバーバイシクルには少数ですが用意があります。

    「Sterzo Smart」「Sterzo」を導入して、よりリアリティの高いズイフトライドを楽しみましょう。

     

    吉山