2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
news
  • e-MTBでトレイルライド楽しさ三倍
    2020.2.13

    「これは超楽しい」

    話題のe-MTB「Rail9.7」で本格トレイルを楽しみました。

    下りの楽しさはそのままに、圧倒的な登坂力が加わったことで地獄の苦しみから解放。

    限界を攻めれば今まで想像もできなかったところまで登れ

    遠くまでガンガン行けるので、一度のライドで楽しさ三倍といった印象。

     

     

    ボッシュの新型第4世代ユニット「Performance CX」のパワーは想像を遥かに超えます。

    先代ユニットから50%コンパクトに、25%の軽量化を果たしながらも

    国内最強となる最大トルク75Nmを発揮。(先代ユニット50Nm)

    これはトルクだけで考えると750ccクラスのオートバイに匹敵。

    坂道を爽快なスピードで、さらには階段まで登れてしまう図太いトルクが

    マウンテンバイクと相性抜群。その分増える消費電力もダウンチューブに内蔵した

    大容量500Whバッテリーにより残量を気にすることなく、バリバリ走れます。

    今回のライドも消費したのは2目盛だけ、このロングコースが3周できるイメージ。

     

     

    Purion コントローラーの操作感も良く

    各アシストモードがギアチェンジ同様に頻繁に変えながら走れる。

    階段や急勾配など最大パワーを確実にかけたいシーンは「TURBOモード」でガンガン登り

    滑りやすいところや、根っこや岩でコントロールが必要なシーンでは

    ペダリング力によってアシスト力もオートで変化する「E-MTBモード」が乗りやすい。

    「TURBOモード」はペダル にちょっと乗せただけでドカンと走ってしまう特性があり

    シングルトラックの下りでドカンといって焦ったシーンも多々あったので

    通常モードは「E-MTB」がトレイルライドには最適でした。

     

     

    下りの操作感は全く違和感なしですが

    カーボンフレームにパーツカスタム を施しても車重は21.2kg(ノーマル:22.1kg)と重量級。

    ハンドル幅は+20mmの800mm。ブレーキローター径はフロント220mm、リア200mmに強化し

    重量を感じること無く下りもガンガン楽しめます。

     

    これは新たな時代の幕開けといっても過言ではないですね。

    2、3年後はe-BIKE時代へ、シフトされる予感!!

    クローバーバイシクルで試乗も可能です。

    気になったあなたぜひお試しください。

    柴谷