news
  • 超軽量アルミロード「ÉMONDA ALR」 2018モデル新登場!!
    2017.6.9

    これぞ本気で始めたい方の要望に応える即戦力のロードバイク。

    トレックが誇るクラス最軽量のアルミロードバイク「エモンダ ALR」が

    早くも2018先行モデルとして新登場!!

     

    フレーム重量はなんと960g(未塗装)を実現し

    完成車重量は、Émonda ALR 5で8.19kg (540)

    価格を抑えながらカーボンバイクに匹敵する重量を実現させています。

     

    HP06

    HP07 HP08 HP09 HP10

    Émonda ALR 5Viper Red/ ¥179,280(税込)

     

    HP01

    HP03 HP04 HP02 HP05

    Émonda ALR 5Matte Metallic Charcoal/ ¥179,280(税込)

     

    HP12

    Émonda ALR 4California Sky Blue/ ¥139,320(税込)

     

    HP11

    Émonda ALR 4Solid Charcoal/ ¥139,320(税込)

     

    オススメは、軽さだけじゃない即戦力モデル

    Émonda ALR 5」

     

    HP08

     

    メインフレームには、300シリーズのAlphaアルミニウムを採用。

    トレックがカーボンでも採用している、力のかかり具合や強度を計算、実測する

    FEA解析により、各サイズごとに専用設計されたパイプを

    水圧によって自由な形状や厚さに形成できるハイドロフォーミングにて生み出し

    アルミ最高の軽さと剛性のバランスを実現。

    よりダイレクトな加速をもたらす、クラス最軽量のアルミフレームに仕上がっています。

     

     

    HP02

     

    ぱっと見カーボンバイクと見間違えてしまうほど、スムーズで無駄の無い美しい溶接。

    この溶接には、より少ない素材で、より高強度の接着と美しい見た目を両立した溶接技術である

    インビジブル・ウェルド・テクノロジーによるもの。

     

     

    HP04

     

    トレック独自の楕円カーボンステアリングコラムの

    軽量フルカーボンフォーク「Émonda SLフォーク」を採用。

    楕円ステアリングコラムにより横剛性を強化しコーナリング性能を高め

    同時に縦方向の振動を効果的に軽減しながら、軽量化にも大きく貢献。

    上級グレードのハンドリングが楽しめます。

     

     

    HP05

     

    ケイデンス&スピードセンサー「Duo trap」にも対応しています。

    センサーをフレームに内蔵することで、シンプルかつクール。

    フレームにベルトでセンサーを縛りつけた、カッコ悪い見た目や

    たまにズレて位置調整するようなストレスから開放されます。

     

     

    HP14

    HP13

     

    早くも2018モデルのÉMONDA ALR5とÉMONDA ALR4の4台がチェック出来ます。

    ÉMONDA ALR5のビビットなViper Redと渋カッコいいMatte Metallic Charcoal

    好みがハッキリ分かれそうですね。

    この週末、ぜひクローバーバイシクルで

    2018モデルをお確かめください。

     

    柴谷