news
  • e-MTB テストライド・ザ・リアル
    2020.1.19

    スポーツバイクにモーターアシストユニットを搭載することで

    新たなライドスタイルを提案するE-スポーツバイクが

    世界的に大きなムーブメントを巻き起こしています。

     

    ロードバイクからクロスバイクまで幅広いE-バイクがリリースされる中

    最も熱いジャンルが、e-MTB と呼ばれるマウンテンバイク。

    比較的速度が遅く、ペダリングの変化が激しいオフロードライドにおいて

    法律で定められたスピード制限の中、モーターアシスト効果がかなり高いのが特徴。

    これによって常識が一変、今までペダリングロスや重量増によって敬遠されていた

    下りを得意とするロングストロークのサスペンションやハイグリップのワイドタイヤでも

    ガンガン登れるようになり、トレイルを余すことなく楽しめてしまうだけでなく

    今までではあり得ない斜度の登りまでこなせるてしまうことで、楽しさもグッと広がるのです。

     

    遊び屋のクローバーバイシクルでは、そんな時代の流れに敏感に反応。

    実際にダートで無ければ本当の良さはわからないと感じ

    早くも本格トレイルでe-MTBの魅力をしっかり体感してもらえる試乗イベント

    「e-MTB テストライド・ザ・リアル」を開催。

    すでにご購入いただき参加される方も含め、e-MTBを存分に楽しんできました。

     

       

       

     

    クローバーバイシクルでは、転倒リスクの高い下りはもちろんですが

    登りも初参加の方へのライドフォーム指導は徹底してます。

    特にe-MTBは、そのアシスト性能によって、誰でもいとも簡単に登れてしまいます。

    しかし急勾配になると後方への転倒や転落の恐れがあり、特に車重の重いe-MTBの場合

    登りでも怪我の恐れがありますので、安全なライドフォームや重心移動等の理解が必須なんです。

     

       

     

    通常のマウンテンバイクでは厳しい登り坂。

    体力に自信がなく、体重も100kg 超。さらにスポーツバイク初挑戦だが

    ダウンヒルを楽しみたいというメンバーの方がいとも簡単に登ってくる。

    普段なら「ゼーハー」言って息を整える休憩ポイントでも平然。

    これには私も驚き。e-MTB は性別や体力差をグッと縮め、ある程度鍛えないと体感できない

    マウンテンバイクの楽しさを、誰もが気軽に楽しめる魅力がそこにはありますね。

     

       

       

     

    下りはいつものマウンテンバイクそのもの。

    全く車重は気にならないというか重い事すら忘れていたほど。

    ハンドル幅をいつもより広げたセッティングがさらに良い方向となり

    走破性の高いスペックを搭載すれば、ダウンヒルを意識した走りがガンガン楽しめちゃいます。

     

       

     

       

     

    e-MTBは楽チンな乗り物か?

    答えは「ノー」

     

    普段からガンガン走れる方は、アシストを従えて

    更なる領域を楽しめばいいのです。

    登りなのに飛べたり、コーナーでバンクを使えたり、登りなのに下りのテクニックが求められ

    ゼーハー言いながら、最大心拍で全く違う世界を楽し

    めるのです。

     

    体力のない人は、今まで乗ることさえ出来ずに登りは押してばかり、そんな苦痛なシーンを

    自分なりのペースでさえ漕げばアシストが解決。

    待てども全然やって来ない・・・ってことが無くみんなで楽しめるのです。

    動力のみでテクニックまでアシストはありません。

    最大の醍醐味である、テクニック磨きは今までマウンテンバイクと変わらないのです。

     

     

    さらに新たな発見もいっぱい。e-MTB でしかできないテクニックが多く存在します。

    物凄い急勾配のヒルクライムでのバランス取りや独特なペダリング。

    ビンディングによって片足漕ぎでもアシストを効かせて坂道スタートができたり

    今後はトラクションを利用するテクニックも増えることで楽しさも倍増ですね。

     

    実はe-MTB のクランク長はフレームサイズに関係なく全て165mmが採用されてます。

    ペダルを漕がなければアシストが作動しないので、地面へのペダルタッチを極力減らすのが目的。

    アシストによってトルクも必要ないですからね。

     

     

    電動でもちゃんと水洗いできます。ただし洗車機などの高圧水は厳禁。

    シャンプーとブラッシングで汚れを浮かせて、優しいシャワーで流し落すのが正解。

    TEAM INEOSも使っているMuc-Offなら、泡立ち泡切れが最高。しつこいタイヤの泥汚れも一発。

    普段なら苦痛な洗車も、気持ちよく楽しめますよ!!

     

    19日はTREK e-BIKE 大試乗会です。

    気になったあなた。浜寺公園でできる贅沢なテストライドを楽しみましょう!!

    試乗会限定の特別キャンペーンも開催。

    試乗会期間中バイクのご成約特典は

    「バイク価格10%分のオプションプレゼント」or「楽々分割0%無金利」

    の選べる2つキャンペーン

    E-バイクご購入を検討されてる方は今週末がチャンスですよ。

     

    ■ 開催日: 1月19日(日)

    ■ 開催時間:12:30 〜 16:30

    ■ 参加資格:レベルは問いません。どなたでも参加できます

    ■ お申込: 当日申込

    ■ 試乗車リスト:

    ・Rail 9.7 / S(適応目安160cm〜168cm)

    ・Powerfly 5 / M(適応目安168cm〜175cm)

    ・Powerfly 5 / L(適応目安178cm〜185cm)

    ・Allant+ 8 / M(適応目安165cm〜175cm)

    ・Allant+ 8 Stagger / S(適応目安155cm〜165cm)

    ・Verve+ 2 / M(適応目安165cm〜175cm)

    ・Verve+ 2 Low Step / S(適応目安155cm〜165cm)

     

    柴谷