news
  • 「サイクリストの聖地」しまなみ海道ライド
    2019.10.28

    アメリカのニュース専門局CNNの

    「世界の最も素晴らしいサイクリングルートのひとつ」と紹介され

    サイクリストの聖地とも呼ばれる、おなじみのしまなみ海道を走り抜けてきました。

     

    今回現地へは、大阪南港と愛媛東予港を結ぶ「オレンジフェリー」を利用することで

    ライドの前後をゆっくり、しかも充実した時間を過ごしながら移動することができました。

    完全個室タイプの新造船は揺れも少なく快適そのもので

    みんなで食事を共にしたあとはぐっすり眠り、目覚めれば東予港に到着!

    関西からしまなみ海道や四国へ行くなら、間違いなくオススメです。

     

    いつもの尾道と今治を往復するルートとは違う今回のライドには

    ふたつのヒルクライムを設定。

    ひとつめは来島海峡大橋を越えた大島にそびえる亀老山(きろうさん)です。

    山の頂上には隈研吾氏が手がけた「亀老山展望公園」があり

    そこから来島海峡大橋が一望できる絶景が待っています!

    また売店の藻塩(もしお)ソフトが絶品!ヒルクライム後にオススメです。

     

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

     

    走りはじめこそ曇り空でしたが、みるみる晴天が広がり

    海の青さが際立ってグループのテンションは上がる一方!

    伯方島〜大三島〜生口島と渡り、お昼は瀬戸田町で海鮮天丼に舌鼓を打ち

    さらに定番ジェラートでグルメも満喫!

    お腹いっぱいになったそのあとに待ち受けるのが、もうひとつのヒルクライム。

    船でのみ行き来できる岩城島(いわぎしま)の最高峰、積善山(せきぜんやま)の登りです。

    道からの眺望も大変素晴らしく、頂上から見える眺望が登り終えたときのご褒美。

    しまなみの景色を高いところから眺めるのも、一味違ってオススメです。

     

    定刻のフェリーで生口島へと戻り、島々の海岸線をトレースしながら

    夕日が沈む頃、来島海峡大橋を目の前に今治へと戻ってきて早めの晩ご飯へと滑り込み。

    クローバーライドでは定番の「焼豚玉子飯」をいただきました!

    すっかり周りも暗いなか残すは東予港まででしたが、戻り時間も予定通りに到着!

    お風呂で汗を流したあとは皆でビール片手にライドの思い出話に盛り上がり

    最高の一日を締めくくる時間を過ごすことができました。

     

       

       

       

     

    高速船を使って今治まで戻ることもできましたが

    この日は結局172kmを走破!

    全員がノートラブルで完走を果たすことができました。

    一日の最長走行記録を更新された方もちらほら。皆さん本当にお疲れ様でした。

     

    しまなみ海道の魅力は、橋を渡りながら島々を渡るだけでなく

    フェリーや高速船を乗り継げばさらに行動範囲が広がるところにあります。

    そして何より海の穏やかさとゆっくりとした時間の流れ方にあります。

    ここでしか味わえない景色や時間の流れ方は

    忙しい日々を過ごす方たちの心を癒してくれることでしょう。

    次の機会をお楽しみに!

     

    樋口