news
  • サスペンションカスタム
    2019.10.16

    こちらのSTACHE7。アップグレードで純正のYARIからPIKEへ

    サスペンションフォークの交換依頼を受けたのですが

     

     

    私も使っている29+対応のPIKEがまさかのディスコン。

    マニアックなモデルの性ですね・・・。

    では、ダンパー、スプリングの全てを入れ替えてPIKE化してしまおうという作戦に変更。

     

     

    ロックショックス最新の、チャージャー2.1ダンパーとデボンエアースプリング。

    インナーチューブ内のオイルをピストンが上下するモーションコントロールダンパーとは違い

    チャージャー2.1ダンパーは、カートリッジ内をオイルで満たし空気を遮断する事で

    オイルが泡立たず、長時間安定した減衰を発揮し高い路面追従性をもたらします。

    その動きは超スムーズでシットリした動き。

     

    デボンエアースプリングは、ソロエアースプリングと比べ、ネガティブエアの容量を増やすことで

    ピストンをフローティング化させてスムーズさが各段に向上。

    エアースプリングの弱点であった初期ストロークの渋さは、もはや過去の話。

    レスポンスの高い滑らかな動きを実現してます。

     

     

     

    まずはバラして洗浄。

    アウターチューブを抜き、モーションコントロールとソロエアーを取り外します。

    29+フォークの120mmストロークは工場出荷時、ボトムレストークンが4つ入ってるんです。

    今回ストローク量も130mmへ伸ばすという事で、130mmの純正指定のトークンは3つですが

    オーナーの体重とエアーの設定圧を考えてのハイボリューム化。

    トークンは2つからスタート。

     

     

     

    中身だけの変更で外見はあまり変わらない。奥様にバレないカスタムです!!

    唯一違う、ハイスピードおよびロースピードのコンプレッションを

    独立して幅広く調整できるチャージャー2.1 RC2ダンパーのダイヤルが

    その気にさせてくれますね。

     

    柴谷