news
  • ダイネーゼ プロテクター入荷
    2021.7.19

    5月から続いた、もっとも長い梅雨も遂に開け

    雨で傷んだコースも復活すれば、いよいよダウンヒルも本格シーズン突入ですね。

    自粛していたダウンヒル遠征も8月から復活。私も楽しみです!!

     

     

    ダウンヒルは、そのスピードからプロテクションレベルを上げる必要があります。

    先日、MOTOの最高峰レーシングスーツメーカー「ダイネーゼ」より

    ダウンヒル用プロテクターが入荷しました。

    より快適かつ安全なライドを支える、高性能なラインナップとなります。

     

     

    RHYOLITE 2 SAFETY JACKET ¥52,800(税込)

    RHYOLITE 2 SAFETY JACKET LITE ¥36,300(税込)

     

    ARMOFORM PRO ELBOW GUARDS ¥17,050(税込)

    ARMOFORM PRO KNEE GUARDS ¥18,700(税込)

     

    大人が子供になって楽しむのは良いことですが、怪我だけは禁物。

    万全のプロテクターで童心に返って駆け抜けましょう!!

    ぜひクローバーバイシクルでお試しください。
    柴谷
  • 新型ホイール「Aeolus Pro 51 TLR Disc」入荷
    2021.7.14

    7月中にホイールを買うと、10%分のオプションパーツがもらえる

    「ホイールグレードアップキャンペーン」真っ最中に

    なんと、ボントレガーの新型カーボンホイール

    Aeolus Pro 51 TLR Disc」が入荷しました!

     

    前モデルのAeolus Pro 5と比べ

    リム幅が19→23mmとワイドになり25cタイヤとの相性を最適化。

    より低圧が可能となり、ハンドリング、グリップ性能、乗り心地の全てが向上。

    ハイトも1mm増えているのに、重量は1720→1590gと130gもの軽量化を果たし

    この大幅パフォーマンスアップに対して、価格はなんと据え置き。

    注目の逸品です。

     

    Aeolus Pro 51 TLR Disc(¥202,400 / 税込)

    フラッグシップホイール「Aeolus RSL 51」と同じシェイプで

    最高峰のエアロ性能を手に入れてしまったミドルグレード。

    ヒルクライム性能も加味した軽さにエアロ性能をバランスよく加えた「Aeolus Pro 37」に比べて

    よりエアロ性能を高め、どんなシーンでもスゥーッと伸びる高速巡航を可能にしたオールラウンダー。

    もちろん、TREKのバイク開発はボントレガーホイールをベースに行うため、TREKとの相性は完璧。

    そのセミエアロフレームに同調する、51mmハイトの迫力のあるビジュアルは

    より愛車にインパクトをもたらしてくれます。

     

    早速、クローバーバイシクルでは納得してご購入頂けるように

    あなたの愛車で試せる、試乗ホイールをご用意しました。

    カーボンホイールの乗り心地や、Aeolus Pro 37との違いが気になる方。

    広大な浜寺公園で、思う存分試しちゃいましょう!

     

    さあ、7月は10%オプションパーツがもらえる

    お得なホイールグレードアップキャンペーン開催中

    この機会にあなたの愛車を一新させませんか!!

     

    吉山

  • 100% 大量入荷!!
    2021.7.13

    梅雨明け間近。サマーシーズンに向けて

    100%(ワンハンドレッドパーセント)のサングラスが大量入荷しました。

     

     

    100%はアメリカカルフォルニア州のサンディエゴに本拠地を置き

    モトクロス、マウンテンバイク、ロードバイクはもちろん

    メジャーリーグのスター選手が愛用するアメリカのアイウエアーブランド。

     

    今スポーツグラスのトレンドはデカレンズ。

     

    100%のラインナップもデカレンズが主流。広い視界、高い風防、おまけの小顔効果。

    あえてのフラットレンズがハイインパクトで挑戦的。これがかけてみるとどれもカッコいい。

    どのモデルもフィット感が高く、デカレンズなのにアジア人にありがちな頬骨があたる不快感も全くない。

    「うっ。これはちょっと・・・」的、残念な消去法では無く

    「どれも欲しい。どうしよう!!」と悩むのが100%の凄いところ。

     

     

    ダウンヒルやエンデューロに必須なゴーグルもご用意しております。

    ぜひクローバーバイシクルでお試しください。

     

    柴谷

  • ガラスコーティングでいつまでも美しく
    2021.7.12

    お持ち込みのÉmonda SLフレームの組み立て作業。

    トレックなら持込依頼も受けております。

     

    深みと高級感漂う”Rage Red”

    大きな傷は無く中古としては極上品ではありますが

    チェックすると残念な箇所が・・・

     


    トップチューブバックによる擦れ傷が。

    塗装チェック用のライトを当てると、手前側の方が細かい傷で白くすんでます。

    前のオーナーが磨いたのか、ムラも出てました。

     

     

    まずは全体磨き。磨きに最適な、偏心+回転のダブルアクションのエアポリッシャーにより

    ムラなく下地を整えてから、ガラスコーティングで仕上げていきます。

     

     

    残念だったトップチューブの擦れ傷もこの通りピカピカ。

    新車復活で納車でき、お客様も大満足のご様子。

    こちらも嬉しくなってきますね!!

     

    クローバーバイシクルでは、新車ご購入時にガラスコーティングの施工をお勧めしております

    ピカピカの愛車で走れば、ライドもさらに楽しくなること間違いなし。

    「ガラスの鎧」の表面硬度は9Hと、塗膜の約3倍の硬さ

    ガラスのような輝きと、こすれによる小キズの入りにくさにおいても素晴らしい効果が得られます。

    水弾きがよく、汚れも付きにくく、また汚れが付着しても

    ほとんどの場合水洗いで落ちる便利なコーティングです。

     

     

    いつまでも綺麗なバイクに乗って頂きたい思いから

    クローバーバイシクルでご購入いただいたバイクには

    お得な新車施工(¥5,500)を設定しております。

     

     

    施工料金は下記の通りです。

    ■ バイク購入時の新車施工  ¥5,500

    ■ 通常バイク施工(パーツ脱着、フレーム下地処理、パーツクリーニング含む)

    ¥16,500 (メンバー) /  ¥27,500 (一般)

     

    実は個人的に、色々施工してます。

     

     

    8年前に、妻からプレゼントでいただいた、999.9の眼鏡。

    気に入って使っていたが、フレームが傷で白くくすみ使用感が半端ない感じに・・・

    思い切ってガラスコーティングを施工したら、ピカピカに生まれ変わりました!!

     

     

    車のライトって、何もしないと黄ばんでしまいます。

    愛車のフロントライトをポリッシャーで磨きを加えた後、ガラスコーティングを施工。

    美しさだけでなく、それをキープできる耐久性も実感できますね。

    ちなみに自転車以外のコーティングは、個人的な趣味ですので受け付けてませんよ。

     

    柴谷

     

     

  • SRAM GX EAGLE AXS 再入荷
    2021.6.29

    マウスのクリック並みのライトアクションで

    タイムラグ無く、瞬時に変速可能なMTB電動ワイアレスコンポーネント

    EAGLE AXSシリーズのミドルグレード「GX EAGLE AXS/¥107,800(税込)」が再入荷。

     

    ダウンヒルを何本もハードに乗りこなすと、手や腕がパンパンに上がり

    シフトやドロッパー操作ですら困難になってくるのですが

    そんな限界時でも、スイッチ感覚の「EAGLE AXS」は確実な操作が可能で

    より走りに集中できます。

     

     

    GX EAGLE AXSは上位グレードの優れた変速性能や

    保護機能の「オーバーロードクラッチ」など、性能面をそのまま継承している即戦力モデル。

    一度使ったら癖になる、ハイレスポンスのEAGLE AXS。

    これを機に導入してみませんか。

     

    柴谷

  • ジム感覚でバーチャルライドを始めよう
    2021.6.26

    前回はお休みをし、一週間ぶりとなった

    毎週火曜日恒例のライドイベント「ズイフトナイト」

    一週間空くだけでウズウズ。

    仕事終わりにサクッと、仲間といい汗かいて

    気分もリフレッシュできるライドになりました。

     

     

    バーチャルライドを

    より実走感に近い感覚で楽しむのに欠かせないスマートトレーナー。

    価格を抑えながらも十分に楽しめる性能をもつ

    ELITEの人気モデル「SUITO」が入荷いたしました。

     

    ELITE  SUITO(¥99,000¥89,100 / 税込)

     

    「静かさ・性能・コンパクト性」のバランス取れたスマートトレーナー。

    とにかく静か。マンションなどでも騒音を気にすることなく

    トレーニングに集中することが可能。

    収納時は幅15cmのスリムボディに早変わり。どこへだって収納できちゃいます。

    最大再現勾配は15%と必要十分。

    バイクのパワーメーターと併用すれば、さらに高精度なライドを楽しめます。

     

    新しいモデルは、前回付属していたスプロケットがなくなり

    より手に入れやすい価格へと変更されました。

    さらに、クローバーバイシクルでは「コロナ支援 10%OFF」を実施中!

     

    ELITE  SUITO(¥99,000¥89,100 / 税込)

     

    SUITOを9万円以下でゲットできるチャンス!

    ジムの会費感覚で分割払いも可能です。

    詳しくは店頭スタッフまで。

     

     

    吉山

  • クロスバイクで本格ライド
    2021.6.11

    週末明けから天気も雨予報。

    いよいよ梅雨らしい天気になりそうですね。

     

    雨が降ってサイクリングが楽しめない・・・

     

    そんな時でも、室内で外と同じように楽しめるのが

    バーチャルトレーニング「ZWIFT(ズイフト)」

    後輪を外してスマートトレーナーに取り付けることで

    映像の登り坂や空気抵抗に合わせて、自動で負荷調整が可能になり

    まるで外で走っているかのような感覚で楽しめる、まさに次世代の遊びです。

     

    ロードバイクを使用する方がほとんどですが

    実はクロスバイクでも楽しめちゃいます!

     

     

    ということで、実際にクロスバイクを装着して

    クローバーバイシクルで毎週開催している「ズイフトナイト」に挑戦。

    26Kmコースで1時間。1ライド終えてこう思いました。

     

    「これロードバイクじゃなくてもいいじゃん」

     

    感覚は、ほとんどロードバイクと変わらず

    仲間とのグループライドやヒルクライムも大満足。

    もちろんロードバイクの方が、力の入りやすいポジションや

    より細かい変速で最高のパフォーマンスを発揮できますが

    クロスバイクでも、ロードバイクの方と一緒に楽しむことができました。

     

     

    クロスバイクでサイクリングにハマって、次はロードバイクで本格的ライドを楽しみたい。

    でも失敗しないこだわりの1台を今すぐ買うには、タイミング的に厳しい・・・

     

    そんな方には、間違いなくZWIFTがおススメ。

    スマートトレーナーなどの必要機材も

    10万円ちょっとで揃えられるコスパの良さも魅力的。分割払いだって対応可能です。

    普段は生活使いで快適ライフ。帰宅してトレーナーにセットすれば

    本格フィットネスが楽しめちゃいます。ジムに通うよりも、手軽で効率よく運動できますし

    念願のロードバイクをゲットした後も、もちろん使い続けれますね。

     

    クローバーバイシクルでは

    ZWIFTの始め方やバイクのセットの仕方、アプリとの連携まで詳しくレクチャーしております。

    まずは店頭にてご相談ください。あなたもZWIFTで本格ライドデビューしましょう!

     

     

    吉山

  • この夏は、これで決まり
    2021.5.23

    梅雨の晴れ間、湿度も低く気持ちいい。

    こんな日、木漏れ日の中を駆け抜けるマウンテンバイクは最高。

     

    コロナ禍の今。

    多くの人が運動不足に悩み、誰もが健康に気を遣う世の中。

    密を避けて自然を楽しみながら

    日々のストレスから開放されたトレイルライド。

    気持ちいいですよ!!

     

     

    そして、私がしている新型のNAROO MASK N0U /4,950円(税込)が素晴らしい。

    心拍が上がるハードなスポーツでも驚くほど呼吸が楽で、スポーツグラスも曇りません。

    接触冷感素材でマスクが汗ばむこともなく快適。

    3D構造、2サイズ展開、調整可能な耳紐により抜群のフィット感です。

     

    マスクをしてないと何かと不便な世の中。

    この夏は、NAROO MASK 「N0U」で決まりです。

     

    柴谷

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 350kmライドで「これあってよかった!」アイテム 4選
    2021.5.20

    先日の連休を利用して

    前からやってみたかった「自走ビワイチ」に挑戦してきました。

    走行距離357km。休憩含め20時間かけて無事完走!

    達成感から大きな自信へとつながる、内容の濃いライドになりました。

     

     

    正直完走できるか不安でしかありませんでしたが、今まで120kmが限界だった僕が

    なぜ3倍近くの距離を走り切れたのか。

    今回のロングライドに大貢献した4つのアイテムを紹介。

     


    1. ZWIFT&スマートトレーナー

    20時間のサイクリングを実現した体力・脚力を手に入れられたのは

    間違いなく、バーチャルライドアプリ「ZWIFT(ズイフト)」のおかげ。

    スマートトレーナーを使えば、実走とほとんど同じようにサイクリングを楽しめます。

    また、一時間出し続けられるペダリング出力「FTP」を測定することができ

    それを基準にすることで、より効率的なトレーニングが可能に。

    FTPの向上とともに、ヒルクライムのタイム計測区間「KOM」で

    日に日にタイムアップが感じられるのも、飽きずに楽しく継続できた理由の一つですね。

     

    僕の場合、毎週火曜の夜にクローバーバイシクルで開催している「ズイフトナイト」で

    仲間とのグループライドやヒルクライムを、切磋琢磨しながら楽しんでいるだけで

    これだけ強くなれました。

    雨天でも忙しい日でも関係なく、いつでもサイクリングが楽しめるズイフト。

    効率よく強くなりたい!そんな要望に応えてくれるアイテムです。

     

     

    2. カーボンホイール

    バイクの基本性能を底上げしてくれた重要なアイテム。

    琵琶湖までの道中、奈良を越えるためのヒルクライムでは

    軽量カーボンによりスイスイと軽快に登坂。帰りのヒルクライムまで余裕でした。

    50mmのリムハイトがもたらす空力性能により、一定スピードの巡航もラクラク。

    追い風では、伸びの良さが際立つ高速巡航を楽しむことができ

    とくに平坦基調のビワイチでは、その快適さが「完走」にかなり貢献してくれました。

    パーツのカスタムにお悩みの方。最優先で、走りの要となるホイールを変えましょう。

     

     

    3. GPSサイクルクルコンピュータ

    ” GPS “ というところがポイント。

    ノーマルのサイクルコンピュータでは、基本的な情報を簡易的に表示しているだけですが

    そこにGPSが加わると、その日のライドの情報を後から見返せたり

    車のようなナビ機能だって使えるようになります。

    中でも、僕がおススメするのは「GARMIN(ガーミン)」のサイクルコンピュータ。

    ストレスフリーの素早い操作感。確かなGPS精度。アプリとの連携のしやすさ。

    どれをとってもトップクラスで、ほとんどの方が最終行きつくのはやはりガーミン。

     

    今回のライドで、特に活躍した機能は「ナビゲーション」と「Live Track」の2つ。

    ■ ナビゲーション

    始めていく場所での不安も、GARMINのナビゲーションがあれば大丈夫。

    鮮明でわかりやすいマップで案内してくれるし

    万が一ルートから外れても、瞬時に再構成し正しいルートへ戻してくれます。

    ■ Live Track

    20時間も走るのですから、家族へ「無事帰ってこられるかな」と不安を与えてしまいます。

    Live Trackを使えば、自分の居場所を離れている家族へリアルタイムで共有でき

    安心して、あなたの帰りを待つことができるのです!

     

    ちなみに僕は「Edge 1030 Plus」を使用しましたが

    完走した時点でのバッテリー残量は29%。

    バックライト常時50%でこのタフさは恐るべし。

    20時間であれば、予備バッテリーなしで十分です。

     

     

    4. パワーメーター

    357kmを走り切るのに、ものすごく大事になったのがペース配分。

     

    「最初に頑張りすぎて、後半ばててしまった・・・」

     

    こんなことがないように、終始一定のペースを保つのが走り切るコツ。

    では何を基準にすればいいのか。

    そこで大活躍するのが、ペダリング出力を計測できるパワーメーター。

    ペースメーカーとして、スピードやケイデンス、心拍数などいろいろあげられますが

    これらは、登り坂や下り坂、追い風や向かい風によってペースが乱れてしまうのが弱点。

    パワーメーターなら、同じ力加減を一定に保つことができるため

    長時間のサイクリングでも、疲れを最小限に抑えることが可能に。

    走りなれた上級者はもちろん、自分のペースが分からない初心者こそおススメのアイテムです。

     


     

    走り切ったときの達成感から自信がつき、さらに遠くへ。

    始めていく場所はもちろん、いったことのある場所も

    自転車で行けば、また違った景色を楽しませてくれるのがロングライドの魅力。

     

    誰にだってチャンスはあります。

    今回紹介したアイテムなど活用して、未知なる世界へ走り出しませんか!

     

     

    吉山

  • 「S-Edition」を感じてみよう
    2021.4.25

    先日紹介した、お得でいきなり快速「S-Edition」

    その違いを体感できる展示車ご用意しました。

     

     

    ノーマルじゃ物足りないあなたへ。

    高級感のあるビジュアルはもちろん、なんといっても” 軽さ ” が最大の特徴。

    S-Editionなら、ノーマルと比べてなんと880gも軽い快速仕様に。

    ホイールを持ち比べれば「えっ?!」と思わず口に出るほど、その違いは歴然。

    さあ、まずはあなたの手で持ち比べてみよう。

     

    S-Editionの詳細はこちら

    【完成車って「未完成」なんです ー S-Edition ー】

     

    吉山

  • 1 2 3 4 5 6 7 8 32