2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
news
  • クロスバイクもディスクブレーキが人気
    2018.9.17

    人気で長期で品切れ状態にあった

    FX 3 Disc マットブラックが再入荷してます。

     

    FX 3 Disc ¥84,240(税込)

     

    今年は圧倒的にディスクブレーキが人気です。

    強力なかつコントローラブル。思い通りの安定した制動力はもちろん

    雨天時などの悪天候にもしっかりと効きます。

     

     

     

    さらに、FX 3 Discのカーボンフォークなら

    フロントホイール取付部には従来のクイックリリース式ではなく

    ディスク特有のスルーアクスル方式を採用することにより

    フロントホイールとの装着をより強固なものにし

    よりシャープでレスポンスに優れたハンドリングへ向上しています。

     

     

     

    スタイリングも綺麗ですよね。

    リムを挟むことが無くなることで、シルバーだったリムのブレーキ面がブラックアウト化され

    FX 3 Discはスポークもブラックなので、真っ黒で統一されたホイールは

    高級感、カッコ良さが一層高まります。

     

     

     

    そして、雨天走行で従来のブレーキはリムは

    アルミとパットが濡れることで削れて発生するブレーキダストが

    遠心力でタイヤやフレームにこびり付き洗車も手間がかかりましたが

    その点ディスクは楽々ですね。

     

    制動力、ハンドリング、カッコ良さ、洗車の手間いらず。

    走る愉しさを徹底的に追求し、ライダーの意思に呼応するFX 3 Disc。

    ありふれた日常をスポーティな日常へと変えてくれる一台です。

     

    試乗車もご用意してます。

    まずは、クローバーバイシクルでそのパフォーマンスをお試しください。

     

    柴谷

     

     

  • 【2019 NEW】EMONDA ALR 5 フルモデルチェンジ
    2018.9.11

    「本気でロードバイクはじめてみたい」

    そんなお客様の要望に応える即戦力のロードバイクがEmonda ALR。

     

    2019年フルモデルチェンジされ、さらに新型105が搭載されたオールニューの

    Emonda ALR 5 / 185,760(税込)が、入荷しました。

     

       

       

     

    パイプ形状を思いのままに実現するハイドロフォーミング成型と

    溶接を滑らかに仕上げるインビジブル・ウェルド・テクノロジーを駆使し

    さらに、上級モデルと同様のケーブル内臓化も実施された事で

    ハイエンドのカーボンバイクEmonda SLRと思わず見間違えるほどの美しいプロポーション。

    角度によってパープルからブルーに変化するラグジュアリー性を極めたカラー「Purple Flip」は

    見るものを虜にしその存在感は、強烈なインパクトを感じます。

     

    ルックスだけではありません。走りも旧モデルから一新。

    ペダルを踏込んだ瞬間から感じられるダイレクト感ある加速。

    本当にアルミなのかと疑ってしまうほどの、優れた衝撃吸収性。

    スポーティさとラグジュアリーを磨き上げたその走りは

    ありふれた日常をスポーティな毎日へと一変。

    あなたが思い描いていた本格ライドへと、ドンドン導いてくれる一台です。

     

    まずはクローバーバイシクルでその勇姿をお確かめください。

     

    柴谷

  • クロスバイクでスポーツの秋を楽しもう
    2018.8.30

    スポーツの秋はすぐそこ!!

    冬のボーナスまで待っていたら、秋の気持ちいい季節を逃してしまいますよ。

    トレックの人気No.1クロスバイク「FX3」がもたらしてくれる爽快な走りを

    あなたのライフスタイルに取り入れてみませんか。

     

       

    FX 3 Disc ¥84,240(税込)

    FX 3 Disc WSD(女性用モデル)¥84,240(税込)

    FX 3 ¥77,760(税込)

     

    満員電車のストレスから解放され毎日が一新。より快適な通勤ライドに様変わり

    休日には、気持ちいい風を感じながら爽快にスポーツライドまで。

    これからスポーツバイクを楽しみたいなら、トレックのクロスバイク「FX3」がオススメ。

    どこまでも行きたくなるような快適性と

    ペダルを踏んだ瞬間のグイっと伸びる加速感に、あなたは虜になるはず。

    毎日を楽しさに満たしてくれるスポーツバイクです。

     

    さらに「0%無金利キャンペーン」開催中の『今』がチャンスです!!

    FX 3 Disc ¥84,240 (税込)の場合 / 月額 ¥7,020 (12回払い)

    FX 3             ¥77,760 (税込)の場合 / 月額 ¥6,480 (12回払い)

     

    さらに2018年クロスバイクも特価販売中!!

    同時に「0%無金利キャンペーン」もダブルキャンペーンとして併用していただけます。

    こちらは在庫限りとなりますので、お早めにご確認ください。

     

     

    2018 FX 3 Disc

    Fx3の快適かつキレのある走行性能に、軽いブレーキタッチと制動力の高い

    油圧ディスクブレーキが採用され、より安心で快適なサイクリングを楽しめる一台に。

    ¥81,000(税込)

     → セール価格¥72,900(税込)月額 ¥6,075(12回払い)

    マットシルバー  20 (適応目安174cm~187cm)

     

     

     

    2018 Fx 3

    毎日の快適通勤から、どこまでも行きたくなる週末のロングライドまで

    クロスバイクの快適性はそのままにさらなるスポーツ性能を求めるなら

    軽量化にも磨きをかけたこのモデルがオススメ。

    ¥75,600(税込)

     → セール価格¥68,040(税込)月額 ¥5,670(12回払い)

    バイパーレッド 17,5 (適応目安165cm〜175cm) / 20(適応目安174cm~187cm)

    ホワイト 17,5 (適応目安165cm〜175cm)

    グリーン 17,5 (適応目安165cm〜175cm )

     

     

     

    2018 Fx 3 WSD

    女性が安心かつ快適に楽しむことをコンセプトにつくられたモデル。

    日々の生活はもちろん、休日にはどこまでも行きたくなる

    スポーツ性能を兼ね備えた一台です。

    ¥75,600(税込)

     → セール価格¥68,040(税込)/月額 ¥5,670(12回払い)

    カリフォルニア スカイブルー 13(適応目安145cm〜155cm)

     

     

    ※サイズ表はあくまで目安です。

     

    無理のないお支払いプランで、最高の秋を楽しみましょう!!

    試乗車もご用意しております。

    まずはクローバーバイシクルで「FX3」の気持ち良さをご確認ください。

     

    前里

  • 【2019限定】セミファットバイク受注開始 9/16まで
    2018.8.28

    2019モデルのマウンテンが熱い!!

    抜群の走破性、トラクション、安定感でダートを楽しめるセミファットシリーズが

    ウェブやカタログには載らない限定モデルとして登場します。

     

    ◾️ Stache(スタッシュ)

    初心者は優れた安定感。上級者には今まで無かった走破性に魅せられる、ハードテール3モデル

     

    ◾️ Roscoe(ロスコ)

    街乗りや通勤はもちろん、その気になれば本格トレイルもガンガン行けちゃうエントリーモデル

     

    ◾️ 1120(イレブン・トゥウェンティー)

    本格オフロードライドが可能でありながら、バイクパッキングをも意識したアドベンチャーモデル

     

    街乗りやツーリングはもちろん、本格トレイルライドに応えるモデルまで

    あらゆるニーズに応えるラインナップです。

     

     

    受注発注となりますので、メーカーは在庫しません。

    「確実に手に入れたい!」という方は

    9月16日(日)までにご予約をお願いいたします! (特にサイズの大きい方)

     

    なんと日本最速でStache3モデルがクローバーバイシクルに入荷してます。 (17.5/各1台)

    日本で一番に乗りたい。冬までまで待てないあなた。早い者勝ちですよ!!

    とりあえず現車を見たい方も、ご来店お待ちしています。

     

     

       

    Stache 9.7(スタッシュ9.7)

    国内初登場となるOCLVマウンテンカーボンフレームにより、クロスカントリーバイク並みの

    軽さを実現したセミファットバイクStache 9.7。

    29+のビックタイヤがもたらす下りの走破性はもちろん、幅広い接地面によるハイトラクションと

    カーボンフレームの軽さが融合しずば抜けた登坂力を実現。

    トレイルの激上りもホイールスピンすることなくガンガン登れます。

    さらにビックタイヤをスパッと思いのままに振り回せるスタッシュジオメトリー。

    まさに無敵な一台。

     

    標準小売価格:¥399,600(税込)

    サイズ: 15.5, 17.5, 18.5, 19.5

    カラー:Matte Cobra Blood

    納期:2019年1月~2月

     

     

       

    Stache 7(スタッシュ7)

    挑戦を続ける遊び心をもったライダーへ。さらなる走破性をもたらす

    サスペンションフォークと12速コンポを装備したStache 7。

    荒れたロックセクションでも思いのままに。

    29+のワイドタイヤは、根っこや岩でゴツゴツしたトレールも驚くほどのフラット感とトラクション。

    さらにスタッシュのジオメトリーならではの旋回性がプラス。

    上級テクニックのバニーホップだって簡単に!!

    誰もが一歩上の走りができる、マウンテンバイクの常識を一変させる一台。

     

    標準小売価格:¥279,720(税込)

    サイズ: 15.5, 17.5, 18.5, 19.5

    カラー:Matte Cobra Blood

    納期:2019年1月~2月

     

     

       

    Stache 5(スタッシュ5)

    本格トレイルライドに挑戦したい方にピッタリなのが、Stache 5。

    29+のビックタイヤが抜群の安定感をもたらし怖さや不安はどこへやら。

    街の段差から激しいトレイルまで何でもOK。

    コンクリートジャングルから本格トレイルまでフィールドは無限大。

    楽しさがドンドン先行し、初心者でも夢中でオフロードを楽しめるバイクです。

     

    標準小売価格:¥204,120(税込)

    サイズ: 15.5, 17.5, 18.5, 19.5

    カラー:Matte Dnister Black

    納期:2019年1月~2月

     

     

       

    Roscoe 8(ロスコ8)

    Roscoeはトレックのハードテイルバイク、X-Caliber(エクスキャリバー)のフレームをベースに

    27.5+のセミファットタイヤで武装。

    すぐにでも本格トレイルをガンガン走れるスペックに仕上げられており

    安定感、操作性が高く、あなたのトレイルデビューに相応しいモデル。

    小柄な方や、女性でも乗れるサイズ展開も嬉しい。

     

    標準小売価格:150,120円(税込)

    サイズ:13.5, 15.5, 17.5, 18.5, 19.5

    カラー:Matte Slate

    納期:2018年11月

     

     

       

    1120

    バイクパッキングスタイルを加えたオフロードツーリングモデルの 1120。

    アドベンチャーをこよなく愛する方にピッタリのモデル。

    従来のツーリングタイプのマウンテンバイクでは難しかった

    本格オフロードライドを29+のビックホイールが容易に。

    さらにバイクパッキングを意識した専用キャリアを装備することで

    より荷物を安定しながら沢山の荷物を積むことができます。

     

    標準小売価格:279,720円(税込)

    サイズ:15.5, 17.5, 19.5

    カラー:Matte Solid Charcoal

    納期:2019年1月~2月

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • トレックワールド2019 レポート
    2018.8.16

    先週、日本最大級のメーカー展示会。

    TREK WORLD JAPAN 2019 にスタッフ全員で参加。

    遅くなってすいません。注目のトピックをまとめてみました。

     

     

    やはり注目は

    フルモデルチェンジされた「Madone SLR」

    会場の入口に展示され圧倒的な存在感を放ってました。

     

     

    先代マドンの改良を重ね、3年間に及ぶ開発期間を得て

    さらなる進化を遂げた新型のMadone SLR

    上記にたくさんの付箋が貼られている先代マドンの写真があります。

    これは選手と技術者、ディーラー、ユーザーからの改善点などの意見を出し合い

    付箋に書き貼っている様子。

     

    「ハンドル周りの快適性を上げてほしい」

    「ポジションに関係なく、皆が700シリーズに乗りたい」

    「エアロでありながらブレーキの効きをよくしたい」

    「より振動を吸収し快適性を高めたIsoSpeedにして欲しい」

    「エアロはそのままにドマーネ同様の調整式にIsoSpeedをできないか」

     

    このような意見が実際に出されていたのではないでしょうか。

    実は先代マドンが登場してからすぐにMadone SLRの開発は進んでいたのですね。

     

     

     

    新型2ピースハンドル

    「ハンドル周りの快適性を上げてほしい」

     

    先代マドンの一体型ハンドルでは微調整が出来なかったのですが

    Madone SLRに採用された新型ハンドルは、2ピース構造を採用することで

    ハンドルバーとステムの角度まで調整ができるようになりました。

    なんと新型ハンドルの調整の組み合わせはパターンは、25から40パターンまで広がり

    より自分に合ったフィッティングが可能になったということですね。

    そして2ピース化は、今まで剛性が強いと感じていたユーザーにも

    操作感の向上と振動による手や腕へのストレスも激減しています。

     

     

    H1.5ジオメトリー

    「ポジションに関係なく、皆が700シリーズに乗りたい」

     

    トレック最高グレードであるOCLV700カーボンをすべてのマドンユーザーへ。

    今までは用途に応じた2種のポジションが用意され

    より前傾の深いレーシーなフォームを実現するジオメトリーのH1はOCLV700カーボン

    無理のない一般的な前傾フォームのジオメトリーであるH2は、OCLV600カーボンを採用していましたが

    Madone SLRでは、ステムのバリエーションを増やしジオメトリーを統一。

    超軽量で高剛性を誇るトレック最高のカーボンOCLV700を採用し

    幅広いポジションに対応する、新ジオメトリー「H 1.5」が登場しました。

     

     

    エアロとディスクブレーキ

    「エアロでありながらブレーキの効きをよくしたい」

     

    ディスクブレーキを搭載しても先代マドンの空力性能を維持すること。

    これが今回のMadone SLRの最大のコンセプト。

    一般的にディスクブレーキよって、8%~10%落ちると言われている空力性能を

    先代マドンと同等の空力性能を実現したMadone SLRは

    伸びのある巡行性能に、さらに確実な制動力をもたらすエアロバイクに仕上げられています。

    Madoneのダウンヒルは半端なく速く、それを確実にコントロールする制動力は

     

    世界トップクラスの空力性能を支える、まさに「正常進化」のブレーキシステムです。

     

     

    新型 IsoSpeed

    「より振動を吸収し快適性を高めたIsoSpeedにして欲しい」

     

    あらゆる石畳の路面を現地まで行かなくても再現できるよう

    実際にヨーロッパ現地の石畳にシリコンを流し込んで固めた型のデータを元に

    つくられたルームランナータイプのテスターを開発。

    各地の様々なデータをとれるようになりました。

    その検証結果として登場したのが、調整式のIsoSpeedです。

    上記の吉山が持っているブーメラン形状のシートチューブがトップチューブ下側に配置されたことで、

    先代マドンではフレームサイズによってバラつきがあった振動吸収性を解決。

    さらに振動を最大で27%多く吸収し、エアロの速さに加え極上の乗り心地の両立を実現。

    向かい風を物ともせず、いつまでも笑顔で疲れることさえ忘れる

    そんな究極のエアロバイクと言えます。

     

     

    フラッグシップとしてのオーラを放つ「ICONシリーズ」

    独特なカラーとテーマによって見る角度が変化する美しさは

    オーナーだけでなく見るもの全てを魅了します。

     

     

    Refliptive(リフリップティブ)

    光の角度によってラグジュアリーなパープルからグリーンに変化するマジョラーカラー。

    その美しい色合いは見るものを魅了し、オーナーが得られる満足感は間違いなし。

     

     

    Candy Emerald Green (キャンディ・エメラルド・グリーン)

    鮮やかな光沢あるグリーンと深みあるリキッドグリーンを使用した高級感あふれるペイント。

    クローバーバイシクルのイメージカラーにぴったりなカラーですね。

     

     

    Black Gold(ブラック・ゴールド)

    室内ではゴールドロゴをあしらった真っ黒なバイク。しかし外に飛び出し太陽光を受ければ

    ゴージャスで高級感のあるゴールドメタリックが浮き上がり輝きを放ちます。

     

     

    Chrome Tour(クローム・ツール)

    こちらはツール・ド・フランスに使用されていたチームカラー。

    光をあてるとピンク色に反射するスペシャリティなパールホワイト

    ど迫力のトレックロゴとシートチューブに施されたレッドがとても映えるペイントテーマ。

     

       

     

    他にも展示会場には間に合わなかった、2色のペイントテーマです

     

     

    Brushed Liquid Metal(ブラッシュド・リキッド・メタル)

    カーボンにあえて、ヘアラインを施したステンレス風の色合いは

    マドンの造形美が一層引き立たせます。

    クラフトマンシップであり、個性的かつ洗練された一台に仕上がっています。

     

     

    Prismatic Pearl(プリズマティック・パール)

    まるでUFOがやってきたかのような未来的なペイントテーマ。

    光の加減であらゆるカラーが現れ、一言で表現できない変化する虹色のテーマ。

    その配色は幻覚的で見るものを虜にしてしまうカラーですね。

     

     

    どのテーマも個性的で高級感あふれる美しいペイントカラー。

    どのカラーを選んでもオーナーの満足感を満たしてくれることは間違いなしですよ。

    あなたはどのテーマカラーを選びますか。

     

    展示会場にも2019年をアツくするであろう。

    バイクが多く展示されていました。その一部ご紹介していきます。

     

     

    Fuel EX 5(フューエルEX5 )

    憧れのフルサスペンションバイクを多くのユーザーへ。

    あらゆる山を駆け巡れるオススメのトレイルバイクFuel EX 8をよりリーズナブルに

    フレームはそのまま、各パーツのコストを抑えたFuel EX 5が登場しました。

    ここからパーツを自分好みにカスタマイズできる楽しさが詰まっています。

    今まさにマウンテンバイクデビューを考えている方にはオススメの一台。

    Fuel EX 5/¥250,560  (税込)

     

       

     

    Stache(スタッシュ)

    もはやフロントディレイラーは不要となったマウンテンバイク。

    フロントディレイラーを排除することで、サスペンションやタイヤの太さなど

    設計の自由度が大幅に広がり、さらなる進化を遂げてきました。

    そして、固定概念を打ち砕きフレームジオメトリーまで大幅に変えてしまったマウンテンバイク

    それが「スタッシュ」フレーム形状を変えてまで、リアセンターを極限まで狭くすることで

    29プラスのセミファットタイヤを採用する大型ホイールなのに、常識を覆す驚くべき旋回性を実現。

    フロントホイールを簡単に上げれてしまうので、上級者だけのテクニックであったバニーホップも

    簡単にできてしまう楽しさ。当然、直線の走破性は大型ホイールとがもたらす安定感があり

    もはや、マウンテンバイクの面白さの概念まで一変するバイクなんです。

    前回トレックでの勉強会の時に、店長が取り扱いをメーカーに必死に懇願。

    ウェブ、カタログに載らない限定ではありますが、2019モデルは3ラインナップが実現しました。

     

    限定モデル

    Stache 9.7/¥399,600(税込)

    Stache 7 /¥279,720(税込)

    Stache 5/¥204,120  (税込)

     

     

       

     

    Domane SLR Disc(John Degenkolb モデル)

    こちらのバイクはツール・ド・フランス第9ステージを初優勝を成し遂げた

    「ジョン・デゲンゴルブ選手」の実車。

    ステージの石畳表がトップチューブに張られてます。

    レースでの1分、1秒の駆け引き勝負ポイントの重要性が分かりますね。

    写真をよく見るとハンドルのレバーの位置が左右違ってます。

    これがわざとそのようなセッティングにしているのかその真意まではわかりませんでしたが

    激しすぎる石畳でズレてしまったのか、過去の交通事故による後遺症に合わせての

    調整が行われいるかもしれませんね。

    ホイールの側面が割れていますがプロレースの壮絶さがよくわかります。

     

     

       

     

    Always On  「日中も前後ライトの常時点灯」

    ボントレガーがサイクリストの認知度を高める提案。

    クローバーバイシクルでも、日中も常時点灯の「デイライト」を推奨してます。

    統計によるとデイライトによって33%も事故率が下がると言われてます。

    今後も続けてこの活動を広げていきたいと思います。

    そのコンセプトをさらに強化し、被視認性を高めたライトが登場しました。

     

    Ion Pro RT

    最大1300ルーメンの明るさで前方の視認性は大幅にアップ。

    バッテリ―もナイトフラッシュで26時間もつバッテリー容量はロングライドでも安心して使用できます。

    /¥16,900(税込)

     

    RT Flare RT

    最大90ルーメンのフラッシュパターンにより、日中でもさらに最高の被視認性を発揮。

    追突の確率を一気に軽減してくれること間違いなしですよ。

    /¥7,500(税込)

     

    画像撮り忘れましたすいません。

    新型ライト入荷次第おしらせします。

     

     

    トレックワールドの醍醐味は何といっても試乗でとことん最新モデルが乗れること。

    お客様に試乗で体感してきたことをしっかりお伝えできるようにガッツリ乗ってきました。

    残念ながら、最新MADONE SLRの用意が間に合わなかったようでしたが

    クローバーバイシクルにはすでに試乗車がありますので、皆様もぜひお確かめください。

     

       

     

    Madone SL

    Madone SLRが注目されがちで、Madone SLは旧モデルのベースのイメージでしたが

    Madone SLも驚愕の進化。こぎ出して5m走り始めただけでも全く違った感覚を感じられました。

    OCLV500カーボンを採用したことが大きいと感じます。

    OCLV700、600は究極の軽さと剛性を突き詰めたカーボン。

    それに対してOCLV500は軽さと振動吸収に優れた特性のカーボン素材で

    より滑らかで上品な乗り心地、軽さ、剛性バランスも最適なフレームになります。

    そのOCLV500カーボン特性と、マドンの空力性能と合わさって、

    空力性能がもたらす伸びのあるスピードと、疲れることを忘れる快適性を両立させた

    「よくばりなバイク」に仕上がっていました。

    /¥498,960(税込)

     

     

    Disc Carbon Wheel

    はっきり言いますと、私も次回購入するバイクはDiscブレーキにしたいです。

    ホイール重量は増えますはそのすべては中心部。外周周りに変化がないので

    カーボンホイールの軽さがもたらすは加速力はそのままにキャリパーブレーキをはるかに超える

    ブレーキの制動力には、現状のカーボンホイールのブレーキ感覚と大きくギャップを感じました。

    また12㎜ミリのスルーアクスルによって剛性アップ。加速、旋回性の反応や安定感も抜群。

    Discブレーキは止まるだけでなく、剛性アップにより速く走る事も大きく貢献してますね。

    Emonda ALRにもDiscブレーキモデルが登場。超軽量ホイールのAeolus XXX 2 TLR Discを装着し

    その効果を十分に実感。Discブレーキホイールの時代を予感させる試乗でした。

     

       

       

    EMONDA ALR 5

    TREKアルミ史上最軽量モデル「EMONDA ALR」もフルモデルチェンジ。

    ハイエンドのカーボンバイクEmonda SLRと見間違えるかのようなカッコいい見た目。

    私自身は先代モデルのEMONDA ALRに乗っていますが、はっきり言って別物でした。

    まずペダルを漕いだ瞬間のダイレクト感が増し、明らかに加速感アップ。

    そしてアルミ特有の突き上げ感が大幅に抑えられたアルミロードらしからぬ感覚に。

    いい意味でアルミロードの概念を裏切られるバイクになりました。

    /¥185,760(税込)

     

     

       

     

    e-bike

    2019モデルもeバイクがさらにアツい!!

    さらにラインナップが増え、よりスポーツ志向になった「Dual Sport+」登場。

    オンでもオフでも快適にがコンセプトであるDual Sport。

    そのハンドリングはキビキビしたスポーティーなハンドリング。

    ワイドレンジのスプロケも装備され、コース脇のオフロードの急斜面をこっそりと走ってみましたが

    アシストが加わりいとも簡単にクリアーできます。

    パワーユニットはVreve+同様の性能ですが、最大165kmまでアシストされる

    500Whの大容量の新型バッテリ―をフレームに内臓。圧倒的な航続距離を実現しています。

     

     

    日常の通勤やのんびり街中サイクリングなど生活とスポーツがハイブリットされた安定志向の「Vreve+」

    タウンライドはもちろん、ロングライドやグラベルライドまでアシストやサスペンションによって

    幅広く楽しめるスポーツ志向の「Dual Sport+」

    あなたらどちらを選びますか。

     

    Dual Sport+/¥380,160(税込)

    Vreve+/¥230,040(税込)

     

       

     

    トレックワールドも4回目ですが

    毎回タイミングが合わず食べれなかった「タベルナ・エスキーナ」さんのかき氷。

    やっと願いがかなっていただくことができました。ごちそう様でした。

    まだまだお伝えできていないことがたくさんあります。

    また後日ご紹介します。

    前里

     

     

     

     

  • 【2019 NEW】EMONDA ALR フルモデルチェンジ
    2018.7.28

    「本気でロードバイクはじめてみたい」

    そんなお客様の要望に応える即戦力のロードバイク。

    「Emonda ALR」が2019年フルモデルチェンジして新登場。

     

    パイプ形状を思いのままに実現するハイドロフォーミング成型と

    溶接を滑らかに仕上げるインビジブル・ウェルド・テクノロジーを駆使し

    さらに、上級モデルと同様のケーブル内臓化も実施された事で

    ハイエンドのカーボンバイクEmonda SLRと思わず見間違えるほどの

    美しく俊敏な走りを予感させるプロポーション。

     

    ペダルを踏込んだ瞬間から感じられるダイレクト感ある容姿を裏切らない走りは

    ありふれた日常をスポーティな毎日へと一変。

    あなたが思い描いていた本格ライドへとドンドン導いてくれる一台です。

     

     

    初入荷は、「Emonda ALR 4  145,800(税込)」から!!

     


       

     

    大胆かつビビットな「バイパーレッド」

     

          

    ヘアーライン調に輝くクロームのロゴをあしらった「マットブラック」

     

    あなたはどちらの色派?

    気になるあなた。

    ぜひこの週末はクローバーバイシクルでご確認下さい。

     

    柴谷

     

     

     

  • 【2019 NEW】 MADONE SLR 6 DISC 初入荷
    2018.7.20

    猛暑が続く毎日ですが、さらにホットな一台が入荷しました。

    フルモデルチェンジを果たしたMADONE SLR 6 DISC。

    先代よりも直線的でエッジの効いたスパルタンなイメージ。

    まるでランボルギーニのような造形美は、見る者を魅了しますね。

     

       

    MADONE SLR 6 DISC  /Matte Gravel/Gloss Quicksilver/ ¥68,0400

     

     

     

    第6世代のマドンはの最大のトピックは

    空気抵抗を増やすことなくディスクブレーキの搭載したこと。

    先代マドンより大幅に制動力が向上するだけでなく

    12mmのスルーアクスル採用によりバイク剛性が大幅に上がり

    走る、曲がる、止まる、全てのライドクオリティーも一層高まりました。

     

     

     

    本来エアロロードは、その縦長のパイプ形状から乗り心地を犠牲にしてしまうものが多いのですが

    新型マドンは、トレックは衝撃吸収システムのISO Speedテクノロジーによって

    エアロでありながら、極上の乗り心地をもたらしてくれます。

    さらに構造も一新、ライドに合わせてしなり量を調整でき

    先代マドンに比べ振動を最大で17%多く吸収し、速さに加え極上の乗り心地を両立。

     

     

     

    エアロハンドルでありながら、ハンドルバーとステムの角度調整ができ

    ハンドル剛性を最適正化を行うため2ピースのハンドルバーを採用。

    これまでよりもきめ細かいフィッティングによる、操作感の向上と

    振動による手や腕へのストレスも激減しています。

     

     

     

    新型マドンに採用された新ジオメトリー「H 1.5」は

    プロレーサーからホビーライダーまで、幅広いフィッティングが可能。

    すべてのマドンユーザーに、トレック最高グレードであるOCLV700カーボンを

    提供することが可能になりました。

     

    そんな、新型マドンMADONE SLR 6 DISC(サイズ/520) が

    クローバーバイシクルに初入荷してきました。次回入荷は1ヶ月先。

    まだまだ希少な話題の新型マドンをいち早くゲットして、風を切って走り抜けませんか!!

    まずは今週末、クローバーバイシクルでその勇姿をお確かめください。

     

    柴谷

  • フォークカスタムで楽しさを広げよう
    2018.7.6

    野山を駆け抜ける楽しさは、もう最高ですね。

    そんなトレイルライドにて、腕や足では対応しきれない路面からの衝撃を吸収すると同時に

    路面の凹凸に追従してタイヤのグリップ性能も確保してくれるのがサスペンションの役目。

    特にフロントフォークはコントロールの要となる重要なパーツ。

    サスペンションフォークのカスタムは、ライドクオリティーを高めてくれると同時に

    自分の限界、そして楽しさもドンドン広がっていきますよ。

     

     

     

    クローバーバイシクルでは、

    ロックショックスのハイスペックトレイルフォークPIKE(パイク)と

    PIKEのインナーチューブを強化したハードエンデューロ向けフォークLyrik(リリック)を用意。

    どちらもオイル密封式で気泡が起こらず安定したダンパー性能を発揮す最新ダンパー「

    チャージャー2」を装備。ロースピードコンプレッションも独立して調整が可能で

    路面追従性、ペダリング効率共に両立したハイパフォーマンスなライドが楽しめます。

     

    さらに、ライドシーンによってワンタッチでストローク量が30mm可変でき

    1台で2つの特性が楽しめる、デュアルポジションエアースプリングがオススメ。

    ショートストロークは山頂を目指してのロスを抑えたヒルクライムが可能。

    山頂からのご褒美ダウンヒルはロングストロークで豪快に楽しめます。

     

    「おっしゃ、行けたぞ!!」と感じる達成感は、マウンテンバイクならではの面白さ。

    カスタムした愛車で夢中になって楽しみましょう。

     

    なんと7月10日までの期間中、サスペンションフォークも

    10%のオプションプレゼントの「梅雨得キャンペーン」対象にしちゃいます。

    サマーシーズンに向けてお得にグレードアップを楽しみましょう!!

    柴谷

     

  • 際立つ存在感と俊敏な走り「Line Proカーボンホイール」
    2018.7.6

    マウンテンバイクにおいてもカーボンホイールは飛躍的に性能を向上させてくれます。

    その中でもオススメのボントレガー Line Pro ホイール。

     

    重量、強度、耐久性を最高のバランスで実現する「OCLV Pro カーボン」を使用した

    極めて強靭なカーボンリムは、軽さ、剛性ともにアルムリムを上回り

    大迫力のエアロ形状が存在感まで際立たせます。

     

    さらにハイレスポンスとなる108ノッチものラチェットを持つ「Rapid Drive 108 ハブ」が

    ホイールに素早く加速力を伝え、アップダウンやストップアンドゴーの多い

    オフロードシーンでも機敏な加速とテンション上がる軽快なラチェットサウンドをもたらします。

     

    さらにカーボンリム特有の反発力によって、コーナーリングでのプッシュ動作の反応が飛躍的に向上。

    下りのコーナーリングにおいても、より機敏な加速レスポンスを実現します。

     

     

    Stache/29+

     

    Fuel EX/29

     

    Full Stache/29+

     

    Fuel EX/27.5+

     

       

     

    そして、30mm、40mm2種類のリム幅を用意。

    適正幅の選択は、タイヤのサポート力、トラクション、コーナリング性能を余すことなく発揮。

    「29インチ」はもちろん、「27.5+」「29+」も幅広くグレードアップが可能です。

    ぜひクローバーバイシクルでその良さをお確かめください。

    7月10日までの期間中、10%のオプションプレゼントの「梅雨得キャンペーン」を開催中。

    サマーシーズンに向けてお得にグレードアップを楽しみましょう!!

    柴谷

    Bontrager Line Pro  TLR Boost MTB Wheel

    フロント69,000円(税込) リア85,000円(税込)

     

     

     

     

     

  • チューブレス革命「マヴィックロードUST」
    2018.7.4

       

     

    マヴィックが起こした革命的なテクノロジー

    「ロードUST」と呼ばれるチューブレスシステム。

     

    「クリンチャーより15%の転がり抵抗軽減による伸びやかな加速」

    「低圧がもたらす、かつてない心地よさと意のままに操れるハイグリップ性能」

    「シーラントによるパンクリスク軽減」

    「チューブが無くなることによる軽量化」

     

    そしてチューブレスのデメリットであった、はめ合いが非常にきつく困難であった取扱いを

    ロードUSTでは、高精度の独自規格によって見事に解決。

    リムの許容誤差範囲を狭めながら、わずかに長めタイヤビードサイズとビード強度を高めることで

    手で簡単に脱着が可能なのに、エア漏れやバーストなどのトラブルもしっかり対応。

    これまで必需品であったコンプレッサーやエアタンク付きの専用ポンプも一切不要。

    なんと携帯ハンドポンプでも簡単にビードが上がります。

     

     

    私もコメット プロ カーボン SL UST を使用してます。

    携帯アプリ「My Mavic」がはじきだす適正空気圧は5.5気圧。

    非常に乗り味がよく、それでいて一切ヨレも感じ無い不安を裏切る乗り味。

    反発係数の高いタイヤは、低圧による転がり抵抗の増大もほとんど感じられず

    スルスルと伸びやかな加速。エアロリムとチューブレスの相乗効果は凄まじく

    高速巡行は今までの感覚とは別物。

    さらに峠の下りが驚きで、荒れた路面に減速帯までガッツリある悪条件の路面なのに

    チューブレスの衝撃吸収による安定感とハイグリップによるコーナーの安心感は絶大。

    とにかく全く不安無くスピードが容易に速くなる。この時、素直に欲しいと思ったのが制動力。

    「ロードUST」の走行性能はディスクブレーキとの相性も期待できますね。

     

    タイヤ、ホイールをワンパッケージで開発する新たなアプローチで

    最大限の性能を引き出した「ロードUST」

    ぜひクローバーバイシクルでその良さをお確かめください。

     

    7月10日までの期間中、10%のオプションプレゼントの「梅雨得キャンペーン」を開催中。

    サマーシーズンに向けてお得にグレードアップを楽しみましょう!!

     

    柴谷

    COMETE PRO CARBON SL UST

     ペア280,000円(税抜・タイヤセット)

    COSMIC PRO CARBON SL UST

     ペア280,000円(税抜・タイヤセット)

    KSYRIUM PRO UST

     ペア140,000円(税抜・タイヤセット)

     

     

     

  • 1 2 3 4 5 14