news
  • 間違いのない 初めてのロードバイク選び
    2022.7.13

    誰でも気軽に、本格スポーツが楽しめるロードバイク。

    クロスバイクに比べ、車体の軽さやスピード感など全くの別物。

    想像していなかった場所まで行けた時の達成感。目的地の美味しいグルメを堪能。

    そしてこの歓びを仲間と共有したりと、ロードバイクの楽しさは無限大です。

     

    他のスポーツに比べて難しい技術が必要なく、上達が早いのも魅力。

    自転車に乗れるだけで誰でもできるスポーツですので

    週末のサイクリングで3ヶ月も走れば、体力もついて100Kmライドも余裕の中級者に。

    関西では定番の淡路島一周「アワイチ」や、琵琶湖一周「ビワイチ」だって夢ではありません。

     

     

    「心躍るサイクルライフを送りたい!」

     

    そこで重要なのは、どのロードバイクを相棒にするのか。

    「初心者だから、安いモデルでいい」という基準で買ってしまうと

    どんどん上達し、あっという間に中級者。

    半年経った頃には「もっと軽くて速ければなぁ・・・」と

    その性能に満足できなくなる場合がほとんど。

    中級者や上級者になっても、その一台で長く楽しめるモデルを選ぶのが

    もう一台買い直す必要がなく、結果一番安い買い方に繋がるというわけです。

     

    そんな” 間違いのない “初めての一台にオススメの、クローバーイチオシモデルをご紹介。

     


     

    2022 Emonda ALR 4(218,900 / 税込)

    実際に乗るとすぐにわかる、その軽さ

    TREKのアルミの中で最も軽い「300シリーズ Alpha Aluminum 」を採用し、軽量フレームを実現。

    さらに、溶接痕がほとんどない溶接技術「インビシブル・ウェルドテクノロジー」の採用により

    溶接面を減らすことで高剛性を保ちつつフレームの軽量化に貢献し

    カーボンフレームと見間違える美しい仕上がりも魅力ですね。

     

    軽さだけでなく、フレーム剛性からくる反応の良さにも注目。

    パイプ形状を自在に変形可能な成形技術「ハイドロフォーミング」を採用し

    フレームの箇所によって適材適所にパイプ形状を成型。

    ペダリング時に一番負荷のかかるBB周辺は、太く横幅を広くして横剛性を高めにし

    漕ぎ出しやヒルクライムでの「スッ」と加速する軽快さに貢献。

    また乗り心地に影響するトップチューブは、弓形な曲線状で偏平な形状に仕上げてしなりやすくしており

    下からの衝撃を効果的に吸収、アルミとは思えないマイルドでストレスフリーな乗り心地に。

    さらに、ねじれ剛性に強い「テーパードヘッドチューブ」により

    的確なコントロールが可能となるハンドリングを実現しています。

    フォークには軽量かつしなやかな「カーボン」を採用し、腕に伝わる高周波な振動を吸収。

    前傾姿勢による手の痺れを軽減し、長時間のライドもラクラク。

     

    Emonda ALRは、初心者はもちろん上級者でも満足のいく究極のアルミロード。

    間違いのない一台が欲しい。ただ予算は少しでも抑えたい。

    そんな方にピッタリの一台です。

     

    Emonda ALR 5(272,800 / 税込)

    ロードバイク選びにおいて抑えておきたい三種の神器は

    軽量比強度に優れた「高性能なフレーム」

    加速、巡航に優れた「105コンポーネント」

    強力な制動力を発揮する「ディスクブレーキ」

    となり、Emonda ALR 5はこの条件に当てはまる本格エントリーモデル。

     

    Emonda ALR 4と同じ超軽量アルミフレームとカーボンフォークに

    11段変速を抑えた105コンポを搭載したモデル。

    ご予算が許すのであれば、Emonda ALRと相性抜群の105コンポは抑えておきたいところ。

    段数が増えれば心地よい加速が実現し、巡航でも痒い所に手が届くギア選択が可能。

    さらに、カーボンシートポストを採用し振動を抑制。

    カーボンフォークと相まって、ダイレクト感ある加速とマイルドな乗り心地を両立。

    Emonda ALR のポテンシャルを十分引き出すことができる、オススメの一台です。

     

    2022 Emonda SL 5(349,800 / 税込)

    その圧倒的な軽さやビジュアルの美しさから、誰もが憧れるカーボンバイク。

    中でもTREKの「Emonda SL 5」は、プロレースの世界で活躍する

    ” 速さ “を極めたフラッグシップモデル「Emonda SLR」と同じフレームシェイプを採用。

    Emonda SLRに採用されているカーボンシリーズ「OCLV800」は

    プロが認める最高峰の軽さと高剛性を実現していますが

    Emonda SL 5 に採用したカーボンシリーズ「OCLV500」は

    カーボンならではの軽さと、振動吸収性の高い快適なライドクオリティーを両立しており

    ホビーライダーのニーズにはピッタリのフレームへと仕上がっている。

    さらに、CFD(数値流体力学)解析で導き出されたエアロ形状により

    高速巡航が驚くほどラクで、スピードに気持ちいい伸びを感じます。

     

    Emonda ALR 5との価格差は¥77,000。もう少し頑張れば手が届く。

    どうせ買うならカーボンフレームのEmonda SL 5が欲しい!

    かなり悩みどころですね。

    Emondaらしい、とにかく軽く、よく進む反応の良さが楽しめるカーボンモデル。

    峠をガンガン攻めたい。そんな方にピッタリの一台です!

     

    2021 Domane SL 5(¥364,100 / 税込 / 10%オプションプレゼント

    2022 Domane SL 5(392,700 / 税込)

    「Emonda SL 5」をご検討の方は「Domane SL5」も選択肢として出てきますね。

    同じ「OCLV500シリーズ」を採用したフルカーボンフレームでありながら

    振動吸収性に優れた、疲れ知らずのロングライドモデル。

    セミエアロ形状を採用し、伸びのある高速巡航はもちろんですが

    なんといっても浮遊感が感じられる超快適な乗り心地が魅力ですね。

     

    前後に、カーボン本来のしなやかさを活かした振動吸収システム「ISO Speed」を搭載。

    「ガタガタガタ!」と伝わっていた振動が「コトコトコト….」と

    本当にに荒れた道か疑ってしまうほど、柔らかく気持ちのいい乗り心地を実現。

    ISO Speedの素晴らしさを知るには、これはもう乗り比べるのが一番。

    実際に乗られたお客様全員が「なんだこれ!」と笑顔になられてました。

    クローバーバイシクルの試乗コース「浜寺公園」にある石畳で、あなたも是非ご体感ください!

    2021年モデルのDomane SL5なら、バイク以外に必要なアクセサリーやアパレルなどに使える

    車体価格の10%オプションプレゼント付きも選択可能。(520サイズのみ)

    2022年モデルとタイヤ以外全て同じ仕様の超お得モデル。早い者勝ちですよ!

     

    どのモデルにしようか悩まれている方。まずはスタッフまでお尋ねください!

    あなたのニーズに合った、間違いのない一台をご提案させていただきます。

    是非ご来店お待ちしております。

     

    吉山