news
  • 「円安」値上げ前の今がチャンス!!
    2022.6.17

    6月25日より、トレック、ボントレガーは2023モデルへの切り変わり

    継続モデルは新価格へ、新作も7月〜8月にかけて順次発表されます。

    本来、心躍るニューモデル発表ではありますが

     

    ここでの本題は、1週間後には全く仕様が変わらない継続モデルの値上げが確実。

    新作もそれなりの覚悟が必要という点です。

     

     

    現在、円相場は1ドル135円と24年ぶりとなる円安を記録。

    昨年、今頃の相場は、1ドル/110円 であり、それに準じたバイク価格でしたが

    1ドル/115円 と徐々に円安傾向となった、3月にバイク価格の8%値上げがあり

    そこからわずか半年で“異例”の「スピード円安」となっての2023モデル発表なわけです。

     

    そもそも、この円安の原因はアメリカのインフレ。

    新型コロナからアメリカ経済を支えるためのゼロ金利政策によって需要が極めて活発である一方

    原油高、材料費、運送費の高騰により供給は不足し物価上昇、記録的なインフレが起こっている。

    アメリカ現在、急激なドルの利上げで需要を抑え込み、インフレの火消しに追われているが

    ウクライナ侵攻によって供給が改善せず、どっちが経済制裁を受けているのか分からない状態・・・。

    そしてアメリカが利上げを行うと、円を売ってドル買いが進み円安になっていく。

    日本は賃上や、景気対策が急務で、アメリカの利上げには同調しないと発表したので

    更なる円安へと進む可能性があり、しばらくこの状態は続きそうですね。

     

    さて、話題を戻します。

    2023年の継続モデルをここで発表できませんが

    登場したばかりのモデルは、継続の可能性が高いとだけ言っておきます。

    バイク購入や、グレードアップご検討中の方はお急ぎください。新価格直前の24日までにぜひご決断を。

    ボーナスまで待っていたら、ガツンと値上がりしちゃうかもしれませんよ。

     

    柴谷