news
  • 上りも下りも。RAIL 5 最強カスタム
    2021.11.20

    アルミフルサスのe-MTB、「Rail 5 / ¥685,300(税込)」に搭載される

    Boschの新型第4世代ユニット「Performance CX」のパワーは強烈。

    国内最強となる最大トルク85Nmを発揮。

    これはトルクだけで考えると、軽自動車をも超えるトルクモンスター。

    激坂はもちろん、階段まで登れてしまう図太いトルクがマウンテンバイクと相性抜群。

    その分増える消費電力もダウンチューブに内蔵した

    大容量625Whバッテリーにより残量を気にすることなく、バリバリ走れます。

    ペダルバイクの1.5倍の価格ですが、楽しさは3倍なのが「Rail 」の魅力。

     

     

    上りはバッチリですが、問題は下りにあります。

    Rail 9.7と同等のモーターやバッテリーを装備する分

    Rail 5 は、基本スペックが車格に合わない低さとなり

    楽して登っても肝心の下りで本来のポテンシャルを十分引き出せないのです。

    サスペンション、ブレーキ、操作系の強化で、全く別次元のバイクへと生まれ変わりますよ。

     

     

    フロントフォークは前車から移植した、180mmトラベルのROCKSHOX LYRIK

    内蔵されているチャージャー2.1ダンパーは、ハイスピード・ロースピードのコンプレッションを

    独立して調整可能。ダンパーカートリッジは気泡ができないようオイルで充填され密閉されており

    性能も常に安定。ノーマルのモーションコントロールとは比べ物になりません。

     

    ブレーキはMAGURAの中で最強の制動力とコントロール性を誇るMT7 Pro。

    キャリパーは鍛造モノブロック構造で、完全に独立した4ポッドブレーキ!

    ローターは、SRAMの220mmの大径サイズをチョイス。

    重量のあるe-MTBに、より効果的なブレーキですね。

     

     

     

    リアショックにはFOXのフラッグシップであるFLOAT X2を装着。

    コンプレッションとリバウンドが分離され、ハイスピードとロースピードの調整によって

    初期からのボトムまでとにかくスムーズ。安定感が半端なくとにかく速い。

    e-MTBならではとなる、上りでも高トラクションを発揮。

    ホイールスピンを抑え、強力なパワーを余すことなく路面に伝えることができます。

    フロントフォークを変えるとコントロール性が上がりますが

    リアショックはバイクそのものが激変しますよ。

     

     

    RACE FACEのNEXT Rカーボンバーと、ショーティーなTURBINE R ステム。

    e-MTBの重量に対し800mm幅、8°のバックスウィープの相性が非常に良く

    カーボンの高い振動吸収性によって、とにかく手が楽です。

    これを使うともうアルミハンドルには戻れません。

    パープルとグリーンの相性もグッド。

     

     

    Boschの新型ヘッドユニットKIOXへと換装。

    パワーメーターやケイデンス、心拍、が把握できるようになり

    アシスト介入で掴みにくかった、上りのペースメーカーとして大いに役立ちます。

    コントローラの操作感も向上し、的確なパワーマネージメントも可能です。

     

    ガンガン登れるe-MTBなら、下り重視なカスタムをしても平気。

    よりライドの幅がより広がり、あらゆるシーンで楽しめます。

    e-MTB、ノーマルのままでは勿体無いですよ!!

     

    柴谷