news
  • 新型 DOMANE 体験ライド
    2019.8.6

     

    こんにちは。樋口です。

    この日の楽ワクライドは、暑さを懸念されてかライド参加者はおひとりでした。

    そこで急きょ「新型 DOMANE 体験ライド」を開催!!

    モデルチェンジを果たした新型ドマーネの試乗車をいつものルートに持ち出してみました。

    また、いつものルートを少しだけ外れて、お客様にも新しいドマーネを体験してもらいました。

    実は私自身、ドマーネを体験するのは初めてで

    走り慣れた場所でどのような乗り味なのか、走る前からとても楽しみでした。

     

       

     

    私は、普段はアルミのエモンダALRに乗っていますが

    いつもと同じ漕ぎ加減なのにグイグイと前に進もうとする反応が好印象でした。

    またルート上の幹線道路には路面がゴツゴツした箇所もいくらかありますが

    重量増を極力抑えながら、振動を吸収して快適性を向上させる「IsoSpeed」や

    通常のロードバイクよりもワイドな32cのタイヤが

    そういった路面の上でも快適に巡航できました。

     

    しかし私が一番関心したのは、登り区間での反応でした。

    登りで腰を上げて車体を振ったときの軽快さにまず驚いたことと

    軽快なのに足元の剛性はカッチリしていて、ギヤを駆けたときの反応がとても良かったです。

    このバイクでなら、長い距離を走りながらの登り区間でも楽に快適に

    これまでよりも速く目的地に到達できるのではないでしょうか。

     

    「いつまでも、どこまでも行きたくなる。」

    ドマーネといえば、ロングライドは得意だけれども

    登りが少々重さを感じたりといった印象だと思いますが

    新型ドマーネの印象は、速さと驚きの軽快さをプラスした万能バイクへの進化でした!

    試乗車もご用意しておりますので

    ぜひクローバーバイシクルでお確かめください。

     

    樋口

  • TREK WORLD JAPAN 2020 レポート
    2019.8.6

    先週東京で行われた、TREK WORLD JAPAN 2020 に参加して来ました。

     

       

       

     

    やはり注目はフルモデルチェンジされた「Domane」

    会場の入口に展示され圧倒的な存在感を放ってました。

    空力性能の向上を実現し、高速巡航性能が飛躍的に高められました。

     

    世界トップクラスの空力性能を誇るエアロロード「Madone」を彷彿させるエアロチューブや内装式ケーブルは

    以前のDomaneとの比較ではなんと1時間のライドで1分短縮する実力。

    空力だけでは無く最大38cまでのワイドなタイヤを履いても十分なクリアランスを備え

    グラベル、バイクパッキング等の、より幅の広いニーズにも対応できるようになりました。

    そして、荒れた路面でも確実なコントロール性をもたらすディスクブレーキが全モデル搭載。

     

    さらにサドルバックを不要なものにする便利な新機能

    パンク修理キットをフレーム内に収納できる内蔵ストレージを開発。

    よりスッキリしたビジュアルだけでなく、空力性能の低下も防止できる一石二鳥の機能。

    これから暑い時期に向けてダブルボトルにもしっかり対応できますね。

     

     

    すでに人気のEmonda SL5 Disc ですが

    角度によってパープルからグリーンに変化する

    美しすぎるカラー「Emerald Iris」は長期欠品が続いてますね。

    Project One の ICON Refliptiveのジワっと変化するマジョーラカラーとはちょっと違い

    角度によって急激に変わる印象。いづれにしてもカッコイイですね。

     

     

    ウチの吉山も早速買っていましたが、トレンドの29erエンデューロモデル「Slash 8」

    カーボンフレームのみであったSlash シリーズに待望のアルミフレーム登場。

    ではアルミSlashは重いのか?  M – 14.20 kg

    前後160mmストロークの登れる下り系としては、十分な軽さ。カスタムでまだまだ軽くもできます!!

    本格ダウンヒルまで楽しめるモデルとしては、価格も421,200円(8%税込)とコスパもいい感じです。

     

     

    メーカー発表前で、バイクの紹介はできませんが、e-Bikeも2020モデルはパワフルです。

    左:今までのマウンテンバイクユニット

    中:先日発表された第4世代のBOSCH製新型パワーユニット「Performance Line CX」

    右:Dual Sport+ や、Verve+に搭載されている、パワーユニット「Active Line Plus」

     

    「Performance Line CX」はマグネシウムの使用と内部機構の新設計により

    25%の軽量化、48%の小型化を達成しつつも、内臓の複数センサーにより

    機敏かつ最大出力トルク75Nmの圧倒的なパワーをもたらすだけでなく

    コンパクトなドライブユニットはより高いフレーム設計の自由度を高め

    クランク軸から後ろを無くすことで、トレンドであるショートチェーンステイ化を実現。

    さらに、eMTB用途に特化したアシストモード「eMTBモード」が搭載。

    狭い箇所でのターンや滑りやすい斜面を登る際に、最適なアシスト力が瞬時に提供。

    技量を要する場面でモーターパワーを意のままに操れます。

     

    安全性をさらに高める、革新的な安全テクノロジー「WaveCel」

    一般的なフォームヘルメットは、頭部を直線的にかかる衝撃から守るのに対し

    WaveCelは、ねじれ、回転、斜めからの衝突と言った日常サイクリングの事故で生じる衝撃に

    セルが潰れるまで変形、そして滑るというこの構造がエネルギーを効果的に吸収し

    48倍もの脳震盪の防止効果を実現しています。

    安全で選ぶなら間違いなく「WaveCel」ですね。

    残念ながら今回のトレックワールド、試乗がありませんでしたが

    クローバーバイシクルには、もうすでに「Domane SL 6 Disc」の試乗車があります。

    次回はインプレッションご紹介します!!

     

    柴谷