news
  • 楽に速くを現実に「Q−RINGS」
    2019.1.29

    「効率を上げて気持ちよく駆け抜けたい」

    そんな要望を叶えるROTOR (ローター)社の「Q-RINGS(キューリングス)」をご紹介します。

     

     

    と、その前にROTORの歴史についてふれてみましょう。

    1990年台中頃にマドリード大学航空工学科の学生たちが

    「人間による円運動と自転車のペダリング」をテーマに研究をはじめ

    複数のチェーンが取り付けられたものやフレームにギアが内蔵されたもの

    クランクが伸び縮みするものなど、これまでに様々なシステムが考案され

    現在の楕円型チェーンリング「Q-RINGS」が誕生しました。

    最初は楕円ではなかったんですね!

     

     

     

    さて、このようにして生み出されたQ-RINGSですが、

    どのようにして「効率の良いペダリング」をもたらしてくれるのか。

    クランクを時計と考えた時、筋肉の構造上クランク位置が2時あたりから力が入り

    多くの筋肉が加わり、ピークパワーを迎えるのが4時あたりと言われています。

    その時、チェーンリングは歯数が大きいハイギアとなり高出力を生むことができます。

    逆に、力の入りにくい上死点と下死点のポイントでは歯数が小さいローギアとなり楽に回せます。

    クランク一周の運動量は同じですが、この変化によって楽な運動が可能となっているんです!

     

    例えば、通常スクワットをすると当たり前ですが一定の体重がかかります。

    これが真円リングだとすると

    楕円リングでは力が入りにくい深いポジションでは体重が軽くなり

    力が入れやすくなる、浅いポジションで体重が重く変化するような理想的な現象となるのです。

     

     

     

     

    さらに!OCP (オプティマム・チェーンリング・ポジション)という機能で

    その人の乗り方やフィールドによって

    筋肉のピークの位置に合わせてセッティングすることもできます。

     

     

     

    最新のモデルALDHU(アルデュー)では、細かく幅広い調整が可能なんです!

    自分好みのバイクにカスタマイズできるのも魅力の一つですね。

     

     

     

    実は、今まで「楕円のチェーンリング」は食わず嫌いでしたが

    実際使ってみてガラッと印象が変わりました!

    足がスイスイ回る感覚、「今の力具合だとスピードは30Kmぐらいかな、、」

    とメーターを見ると35Km。「楽に速く」が見事に実現されています!

    OCPも標準でのセッティングのままですので

    これから他のポジションも試してまた皆様にお伝えできたらなと思います。

    まだ使い始めたばかり。「Q-RINGSに適応できる筋肉になるまで約2ヶ月」と言われているので、

    「今で未完成なのか」と考えるとこれからの進化がとっても楽しみです。

     

    「カーボンホイールに変えたら乗り味がすごい変わった!」とよく耳にしますが、

    オーバル・チェーンリングに変えた時もそれと同じぐらいの感動を得ることができますよ!

    お手頃に変化を感じたい方、楽に効率よく速くなりたい方、

    クローバーバイシクルでお待ちしております。

     

    吉山

  • 一度着るとやめられないアソスウェア
    2019.1.29

    カキーンと気温が下がりましたね。来週はもっと寒くなるようです。

    僕はこの冬のシーズン、ウインターウェアをアソスに新調しました。

    夏もアソスを着てますが、一度着てしまうと他のウェアが

    着れなくなってしまうのが、アソス。

    運動性を損なわない保温性、快適な着心地、風を切るようなエアロ性能に

    惚れ込んで冬ウェアも買っちゃいました。

     

     

    MILLE GT WINTER JACKET   ¥39,440(税込)

    ミレGTジャケットウインターは薄手ながらも高い保温性とエアロ性能に特化したオススメモデル。

    適応温度は4 ℃~12℃。

    ボディ部分にアソス独自の新素材となるソフトシェル、NEOS(ネオス)シリーズの中で

    ウインターライドに最適な「NEOS ミディアム」を採用し

    薄手ながらも、他モデルと同等の防風、防水性を持ちながら

    圧倒的な透湿性能を両立することで、運動で発生する熱や汗も素早く排出してくれます。

    裏地に使用される独自のRXフリース素材は、より薄く、軽量を保ちながら、高い保温性と断熱性を誇り

    表地であるNEOSの高い透湿性をサポートする高い吸水速乾性を発揮。

    さらに腕の外側、肩から背中にかけて、適材適所にNEOS ミディアムを上回る透湿性を持つ

    「NEOS ライト」を使用することで、圧倒的な軽さとさらなる快適性をもたらしてくれます。

    冬でもライドクオリティを一切落とさないアソスのこだわりがハンパないですね。

     

    そして、かさばらないのでベースレイヤーのスキンフォイルやウインドベストの組み合わせ次第で

    幅広い温度帯に対応。ポカポカ陽気な日からカキーンと冷え込んだ日まで

    ウインターライドを快適に楽しめます。

     

       

     

    ミレGTウインタージャケットに着用してまず驚いたのは

    薄いのに寒さを感じなかったことです。これは冬のライドではかなり重要なことです。

    運動強度が上がり、汗冷えしてしまったという経験ありませんか。

    僕自身も他社のウェアでは汗処理が間にあわず、山頂ではいつも凍えてました。

    寒さと暖かさの絶妙なバランスを取っているのがミレGTウインタージャケット。

    かさばらず、発汗、発熱処理に優れたウェアを着るようになったことで

    その心配はウソのようになくなり、ライドの終盤まで快適に楽しめるようになりました。

     

     

    一度履くとクセになってやめられないアソスのタイツ。

    アソスの代名詞でもあるS7パットはウインターウェアでも大活躍です。

    年末年始に大阪から串本ライドに230Kmを制覇して来ましたが

    全然お尻が痛くなりませんでした。

    これを体験してしまうと他社のタイツは履くことが出来ません。

    230Kmのライドでもお尻の痛みを感じない究極の快適性。僕はもうアソスの虜です。

     

     

    僕が一番、着用して驚いたのはエアロ性能。

    アソスはもう別物でした。

    ウインターウェアは着るとシワが入ってしまったり、逆にきつくなりすぎてしまうことがありませんか。

    僕は脚が短く、かなり太いので、いつも裾が余ってしまい冬のタイツにはかなり悩んでいましたが

    アソスのビブタイツで一気に解消。

    アソスの代名詞でもある立体裁断と、適材適所の伸縮が

    履いた瞬間から快適で、ピタッと決まったシルエットがとにかくカッコイイ。

    平坦の高速巡航スピードが、明らかに2~3km/h伸びます。

    河川敷沿いの向かい風がキツイ区間でもスピードをキープし楽しめるのもアソス効果ですね。

     

    そのフィット感は試着だけでも体感できます。

    実は僕も試着した瞬間にコレしかないと思って即買いしちゃいました。

    ぜひ一度試着だけでもアソスを体感して頂きたいです。

     

    着るだけで、性能を十二分に体感できるアソスのウェアは一度着ると離れられなくなりますね。

    まずはその良さをクローバーバイシクルでお確かめください。

    実は来シーズン、ラインナップはそのままで値段だけが上がる見通し。お得なセール品も店頭にございます。

    今が買い時のチャンスですよ。

     

    前里