news
  • 新車でスタートダッシュ
    2019.1.7

    新年初のモーニングライドは、ヒルクライマーの聖地「十三峠」へ。

    大阪平野を一望できる絶景と達成感を満喫してきました。

    ライドのシメは恒例のぜんざいを堪能。頑張ったあとの甘いものは堪りませんね。

    参加者の皆さんお疲れ様でした。

     

     

                       

     

     

    さて私事ですが、2019年は心機一転。

    さっそく愛車を一新しました。

     

    なんとアルミからアルミへ !  えっ ALRからALRへ!?

    不思議に思われるかもしれませんが、2019年モデルのEmonda ALRは全くの別物なんです。

    フレームが一新され、より綺麗に仕上がった見た目はもちろん

    ひと漕ぎで違いが一目瞭然のダイレクト感

    風を切るような加速感にココロを奪われて買っちゃいました。

     

     

     

     

    そして今が旬のディスクブレーキ。

    ディスクブレーキのオススメポイントは

    軽いブレーキタッチでも、十二分に効くブレーキが手を疲れさせないこと。

    滑りやすいコンディションでも、ロックせずにグリップをしっかり保ちながら

    絶妙なブレーキコントロールができること。

    僕自身は今までのリムブレーキの場合、十三峠のような激下りではブレーキを多用し手が疲れてました。

    ディスクに変えた途端そんな悩みは一気に解消。

    全く疲れることなく、安心して下ることができます。

     

     

     

     

    ディスクブレーキはただ止まるだけではありません。

    通常のクイックリリースではなく12㎜のスルーアクスルが採用され

    ホイールがより強固に装着されることでバイク剛性自体も大幅に向上。

    高速コーナーで、いつも以上にスピードを上げ車体を傾けても行けてしまう

    全くブレない安定感と狙ったライン通り確実に曲がれるようになったのは驚きです。

    外観もホイールのリムがブラックに統一され

    カーボンホイールのような高級感にテンションが上がりますね。

     

     

     

     

    意外にも全く感じなかったのはディスクブレーキの重さ。

    リムブレーキと比べると、車体の重量は増えますが

    実際に乗ると全然気になりませんでした。

    十三峠のような激坂でもスイスイ登れましたね。

     

     

     

     

    走る、曲がる、止まる、すべてのクオリティーが高まった

    新生Emonda ALR 5 DISCで、2019年は目標12000㎞走破を目指していきます。

     

    前里