• BONTRAGER/ボントレガー・アメリカ

    アメリカ

    1979年、モトクロスの選手として活躍しながら、メカニックとしても腕を振るっていたキース・ボントレガーがロードバイクフレームを独自に製作したのが始まり。「より優れた製品を造り上げる唯一の方法は、テストを繰り返すこと」プロによるレースという極限の現場でのテスト。ボントレガー製品の細かな部分にまで込められたこだわりは、テストをくぐり抜けたアイデアの結晶。流行や見た目にとらわれることなく、パフォーマンスと機能性において本物を追求。スポーツバイクを通じ、新たな発見や感動を味わえる妥協のないサイクルアイテムをリリースする総合パーツブランド。

  • EASTON/イーストン・アメリカ

    アメリカ

    1922年、矢の製作からはじまり今では野球、アイスホッケー、スポーツバイクパーツと多岐にわたり手がけるアメリカの総合スポーツブランド。高精度のアルミチューブが要求される矢の市場を独占しているイーストン。その高いアルミニウム加工技術を用いて、フレームパイプやハンドルバー、シートポスト、ホイールまで、トータルでスポーツバイクパーツを展開するブランドへ発展。その技術はアルミニウムにとどまらず、カーボンにおいても最先端の技術力をもち、ロードバイク用だけでなく、マウンテンバイクパーツまで幅広くリリースする本格パーツブランド。

  • LIGHTWEIGHT/ライトウェイト・ドイツ

    アメリカ

    「ライトウェイト」はハイレベルなカーボンホイールに特化したブランド。レーシングホイールに求められる性能、それは軽さ、剛性、そして信頼性。ライトウェイトホイールはそれらの相反するすべての条件を世界最高レベルで実現。これまでにも多くのプロレーサーに愛用され、世界最高峰のレースで活躍する「究極のホイール」として高く評価されています。

  • 3T/スリーティー・イタリア

    アメリカ

    1961年に設立。設立地であるトリノ市から名前を取ってトリノチューブテクノロジーと呼ばれその頭文字である3つのTが「3T」の由来。創業以来、自転車の目覚ましい進化を牽引し続け、1975年には世界初となる7075アルミを使った、わずか240gハンドルバーを発表。現在のアルミバーに引けを取らないスペックを40年前に実現しているのは驚き。現在でもその精神は受け継がれ、ロードレース・トラックレース・トライアスロンでの栄光を支える「優れたデザイン」そして「継続的な努力」は半世紀以上経った今でも3Tの伝統として生き続けています。

  • fi’zi:k/フィジーク・イタリア

    アメリカ

    様々なレーシングサドルをラインナップに持ち、多くのプロチームをサポートするサドルブランド「フィジーク」はSelle Royal社のハイエンドモデル・ブランド。熟練の職人達が「Made in ITALY」によって生みだすハイクオリティサドルは、数多くの勝利数からもその性能が伺えます。

  • ROTOR/ローター・スペイン

    アメリカ

    「ローター」は、スペイン・マドリードを拠点に、ペダリング効率アップという、まったく違うアプローチで開発し成長を遂げてきたバイクコンポーネントブランド。最高のペダリング効率を求め、ペダリングの円運動メカニズムを解析して考えだされた楕円ギアをはじめ、高剛性・超軽量クランクなどをラインナップ。プロロードチームにも積極的にサポートを続け、グランツールをはじめ、世界選手権、クラシックレースなどのタイトルも獲得しています。

  • ELITE/エリート・イタリア

    アメリカ

    イタリアの「エリート」は、高品質なボトル、ボトルケージで有名ですが、ヨーロッパシェアNo.1を誇るホームトレーナーのブランドでもあります。 エリートが作るボトルケージは、ただボトルを入れるだけではなく、どんな悪路でもしっかり保持し、かつボトルの脱着は容易におこなえるように工夫されています。単純な事ですが、そこには常にレースの側で開発を続けるエリートの哲学があり、レース活動に積極的に関わっています。また、ホームトレーナーは欧州各国のナショナルチームや多くのプロチーム、クラブチームやの支持により、その性能は高く認められています。

  • RENTHAL/レンサル・イギリス

    アメリカ

    モトクロス界のハンドルバー・スプロケットで数々のタイトルを獲得する、「レンサル」。開発から生産までを自社で一貫し、デザイン・品質・エンジニアリングすべてに完璧を求め、名実共にそれを証明しています。モトクロスで培った技術を惜しげもなく採用した最高のプロダクツです。

  • ABUS/アブス・ドイツ

    アメリカ

    1924年、ドイツにて創業して以来「セキュリティーに最も必要なもの、それは品質である」と唱え、この使命は時を越えて根付いていき、現在ヨーロッパシェアNo.1のカギメーカーとなった「アブス」は、徹底的ともいえる品質へのこだわりがその背景にあります。自社の実験施設で様々な厳しいテストを繰り返し、そのテストをクリアしたものだけが製品化される品質へのこだわりは非常に強いものがあります。アブスはただカギを売るメーカーではなく、安心と安全を提供するブランドです。

  • CONTINENTAL/コンチネンタル・ドイツ

    アメリカ

    ヨーロッパ2大タイヤメーカーの一翼である「コンチネンタル」は、タイヤ製造において1世紀以上に及ぶ歴史と経験を持ち、自動車においてヨーロッパ新車装着シェアNo.1。今や知らぬものがいないほどのタイヤメーカーとなったが、そのスタートは自動車が登場する以前の1871年、自転車用タイヤ製造からであった。そんな歴史に裏付けされた豊富な経験と開発能力が現代へと脈々と受け継がれており、総合タイヤメーカーならではの最新の生産設備と、厳格でいて繊細なジャーマン・クラフトマンシップを持つ経験豊かなスタッフ達の手により、高品質なサイクルタイヤを生み出しています。

  • SCHWALBE/シュワルベ・ドイツ

    アメリカ

    「シュワルベ」は1901年に自転車専用のタイヤメーカーとして設立されたドイツのトップブランド。これまでのタイヤにはなかった数々の革新的な機能と、斬新なデザインを兼ね備えた高品質タイヤとして、ヨーロッパでは多くのユーザーから支持を集めています。その開発チームはロードレースで多くのチームをサポートすることから得られるデータをブロックパターンやコンパウンドの配合に活かし、路面コンディションに合わせたタイヤ作りの開発に余念がありません。そして生産拠点をゴムの産地インドネシアに置き、鮮度の良い素材を使用することで高い品質を維持しています。

  • RIXEN&KAUL/リクセン&カウル・ドイツ

    アメリカ

    ドイツ生まれのシンプル・スタイリッシュなラインナップの「リクセン&カウル」。 独自のアダプターにより、どんなタイプのバックもワンタッチで脱着が可能。ツーリングから通勤、ショッピングまで様々な用途に合わせたバックをリリースしています。